Sideway

Home > 【保管庫】あ行

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.09.29 Wed ヴァンゲリア

内容は4話のオムニバスになってます。
…っていうか。
これってクリープショーじゃん!!(爆)

…ま、仕方ないやo(^^;o)


★ヴァンゲリア
ユアン・マクレガー 出演

何といってもユアンが若い!!
この作品は1994~1996年のものだから当たり前か(笑)
で、どんな内容かな?と思えば
銀行強盗をするつもりが銀行は閉まってて仕方なく別の店へ。
それはいいけどユアン演じるフォードが「顔だけはやめてくれ」っていう言葉にうけるんですけど(笑)

顔が大切…か(≧m≦)b

え?吸血鬼だのゾンビだのって会話の意味がわかんない(笑)

カミーとフォードがゾンビ?まさかジョーダンでしょ…って。

ユアンのまさかのゾンビ顔; ̄ロ ̄)!!

だから顔って言ってたのね( ̄▽ ̄;)あはは・・・
顔はすごくよく作られてるなぁ~と感心した私でした(笑)

…で。
ゾンビが銀行強盗をするつもりだったのは何ゆえ?(謎)

スポンサーサイト

2004.09.29 Wed ヴァンパイア 黙示録

亡き祖母の屋敷を相続することになったレベッカは、移り住んだ早々に地下室で「天使の夜」というタイトルの古びた書物を見つける。
そこにはレベッカの曽祖父・リコがヴァンパイアだったという驚愕の事実と、人間とヴァンパイアの間で100年もの間繰り広げられた壮絶な死闘の歴史が書き記されていた…



これはデンマークの作品?
ヴァンパイアとか結構好きなんで、ついついB級であれ借ります。
( ̄▽ ̄;)あはは…

最初に登場するヴァンパイアって…こ、これですか?(ォイォイ)

結局司祭であるリカードが昔ヴァンパイアとなった話からが始まりなんだね…コレ。吸血鬼の司祭かぁ…そうゆうのもまた面白げ(笑)

それにしてもあまりに弱々しい司祭なんだけれど(爆)
まぁ、いろいろな事があったんだね…って感じで別の時代?を味わえるのもいいけれど。
中盤はヴァンパイアハンターなるアクションみたいなものがあって「うぉ?」って思ったけれど、結局「何でそぅなるの?」って感じであっけなくて(笑)
でもね、何だろな~。たらたらと話が長いのよ…回想シーンっての?そういうのがほとんど。

2004.09.29 Wed ウィッチ・コード

ホテルの増設工事中に3つの白骨死体が発見された。
検視結果によると、そのうち1体の推定死亡時期は500年前。犯人を追う警部補キャロル・ジョーダンと心理分析官トニー・ヒルは、この殺人がジャンヌダルクの死後から続く、ある宗教儀式であることを確信する…


これは…
見覚えのある顔がまた勢揃い。
また、ワイヤー・イン・ザ・ブラッド関連作?(笑)
殺されて埋められた死体。死体の真上にまた死体。でもって勝手に燃える部屋…ポルターガイスト?ではなく妙な宗教(笑)
そしてまた始まりました…お決まりのトニーのプロファイリング(笑)
これはほんのわずかな手がかりからどんどん分析していくってトコが毎回トニーが凄いと思えるんだけども。

2004.09.29 Wed エージェント・コーディ ミッション in LONDON

エージェント・コーディ ミッション in LONDON 特別編今年も"サマー・キャンプ"と称したCIAの少年少女エージェントたちの秘密訓練がやってくる。
訓練中のある晩、コーディたちを指導する指揮官が秘密裏に研究されていた洗脳ソフトの開発ディスクを盗んで逃亡してしまう。こうしてディスク奪還の命を受けたコーディは、仲間たちと共にイギリスに飛ぶのだが…



前作ではヒラリー・ダフが出ているってことで見たのですが、面白かったので続編もってコトで期待があって借りてみました。
今回はこの作品に出てくるキャラ。変なヤツ妙なヤツが多かったなぁ(笑)
いろんなアイテムがあるんだけれど、私も1つ欲しいなぁ…メントスは怖いけど(謎)
コーディのアクションは今回はあまりなかったような気がするんだけれど…歯にチップ(洗脳ソフト)を埋められ、いろいろな人が操られるのが見ていて面白かった☆

2004.09.29 Wed アナコンダ2

アナコンダ 2ニューヨークにある細胞研究所で、ある花の血清が老化防止に劇的な効果をもたらすと実証された。その花の名はブラッド・オーキッド。
しかし、ボルネオの密林のみに生息するその花が咲くのは7年に1度、しかも2週間だけだった。バイロン医師を始めとする科学者チームは、さっそく花の採取に向けて出発。しかし、そこには想像を絶する恐怖が待ち受けていた。



寿命を延ばす細胞?蘭?
これ、本当にあったら凄いね。いろんな人を助けられる(笑)
ブラディマリー号。こんなボロい船で何かあったら本当にみんな大丈夫なのか?(謎)
コールがすっごいうける。あの驚き方といいお喋りといい爆笑!!
結局は金の為、皆でこんな危険地帯に行くハメになろうとは。
中でもジャックって最低最悪男。どうにかしてくれって感じ。
いるんだよね、よくこういう状況の中で1人だけ楽して皆を見捨てて逃亡する男(笑)

2004.09.29 Wed オーロラの彼方へ

オーロラの彼方へ【Story】
1999年。
ニューヨーク市警のジム・カビーゼルが、オーロラのせいで30年前の父親デニス・クエイドと無線交信し、ある事件の解決へと導かれる。
ふたつの時代をうまくつなぎながら、サスペンスと父子の情を描いて心温まる。



父と息子が時を越えた絆。
すごく心温まる作品です(T-T)

上手く言葉にできませんが、ポロポロ泣いちゃいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。