Sideway

Home > 【保管庫】ま行

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.04.19 Tue モンスター

不死身の怪物に変身して悪人を処刑する刑事が、しだいに暴走していくサスペンス・ホラー。


これ一体どこの国の作品だ?(爆)

シェイド警部が熱い人間だっていうのは分かるんだけれど。最初、見ていて意味が分からなくて( ̄▽ ̄;)
シェイド警部とダーク部長は2人で行動しているんだけれど、ここの警察自体どういう警察署なのかもワケわかんない(汗)

警部は異様にクールだし…ち、ちょっと妙(笑)

確かに死体とか見ていると無残だし、グロイんだけれど…それが誰の仕業なのかとかはわからなくて。でも…殺され方を見たら人間の仕業ではないって分かるんだけどサ(爆)

スポンサーサイト

2005.04.19 Tue ミーン・ガールズ

ミーン・ガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション動物学者の両親を持つケイディは幼い頃にアフリカへと渡り、そこで12年間両親と共に暮らしていた。
やがて故郷アメリカへと帰国することになり、彼女は初めてアメリカの学校へ通うことに。しかし、"イマドキ"のハイスクール生活には様々なルールや派閥があり…



リンジー・ローハン主演。
フォーチュン・クッキーも良かったんだけれど、この作品もよかったです♪
陰口とかいじめとか本当に嫌だね~って思いつつ。ただそういう部分だけではなく、何ていうのかな?見ていて考えさせられるような内容だな~って感じた。

女同士って本当に怖いねぇ…

相手に合わせて息苦しい毎日を過ごすよりも、自分らしさを出すってのがやっぱ1番!!

2005.04.19 Tue ミッシング・ハイウェイ

ミッシング・ハイウェイ家路を急ぎ深夜のハイウェイを行く1組の母娘は、途中のドライブインに立ち寄ったときに奇怪な現象に遭遇する。しかも、その直後に愛娘が忽然と姿を消してしまった。
もう誰も信じることは出来ない。我が子を助け出すために、母はただひとり真夜中を駆け抜ける。


マデリーン・ストウ…ちょっと老けた?
母親役で出ているんだけれど、娘に対して口煩いし、途中ヒッチハイクで娘が乗せてあげた女の子に対して凄くいじわる。

こんな母親は嫌だぁ~( ̄▽ ̄;)

確かにその女の子は訳アリで不気味かもしれないけどさぁ。
何だろう…どんな謎があるのかが今ひとつ掴めないっていうか、全くわかんない(汗)
ていうか、見ていくうちに…何か妙な集団達出てきた。

2005.04.19 Tue マーティン/呪われた吸血少年

ピッツバーグにやって来た青年マーティンを、叔父のクーダという老人が出迎えた。老人は「この街で面倒を起こすな」とマーティンに釘をさす。実は彼は、血を浴びなければ生きられない吸血鬼の一族だったのだ。
ジョージ・A・ロメロが創出した、新しいスタイルの吸血鬼譚。



血を吸うだけでなく、裸になって血を浴びるの?

ちょっと不思議な感覚。

クーダがマーティンに対して凄く冷たい。いくら吸血鬼だからってここまで冷たくするなんて酷すぎる。
でも、仕方ないけど(汗)
途中マーティンが恐ろしい吸血鬼になったと思ったらば変装だった(笑)

ラジオ番組に頻繁に電話をかけ自分のありのままを話し、相談?するマーティンの姿。
何だか思っていた怖い吸血鬼映画とは違う。

2005.04.19 Tue マニアック2001

世界一最悪な気分を味わえる究極のサイコ・ムービー。
母親を殺した少年カールは、護送中のバンから脱走する。鎖から放たれた連続殺人鬼カール。妄想に取りつかれた彼の狂気は限界点に達しつつあった。


去年マニアック2000をレンタルで初めて見たけれど「…え?2001?まだ続きなんてのもあったの?」って感じで借りました(笑)

史上最悪の連続食人鬼…
見始めてみたら最初は呆れてしまい爆笑でした。

何故なら…これホームビデオ?って感じの作りで、殺されるシーンとかなんてスローモーションでぼかしたりしてんの(爆)

2005.04.19 Tue マスターズ・オブ・ホラー

マスターズ・オブ・ホラー~悪夢の狂宴~エドガー・アラン・ポーの名作小説「ヴァドマール氏の症例の真相」「黒猫」を、ダリオ・アルジェントとジョージ・A・ロメロが見事に映画化した傑作モダンホラー。

「ヴァドマール氏の症例の真相」については死体を冷凍するけれど、催眠術のかかった状態で死体が生き続ける?

う~ん…コメントできずです(汗)

「黒猫」に出ているのはハーベイ・カイテルなんだね。
あれ?どこかで見たような顔が…ってまず初めに思ったんだけど。
これは何が言いたいのかがわからなくて??だったんだけれど、怖い男だね。猫を痛めつけるシーンは猫好きの私は見るのが嫌だった。
黒猫にとり憑かれて、彼女まで殺してしまい次々と狂気に走るのかな?これ。
あまり集中して見る事も出来ずで、よく意味が分からなかったです。

( ̄▽ ̄;)あはは・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。