Sideway

Home > 【保管庫】ら行

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.05.19 Thu リプレイ[Re:プレイ]

リプレイある日、交通事故に遭ったサイモンは2分間の心停止状態に陥るが、医師たちの懸命な処置によってなんとか一命を取りとめた。
やがて目を覚ましたサイモンは、事故時の脳への酸素不足が原因で、最近2年間の記憶を失っていた。サイモンの最後の記憶は、2年前に兄ピーターの家を訪ねたこと。そんな彼の前に、妻だと名乗る見知らぬ女アンナが現れる。アンナによれば、兄のピーターは2年前に事故死したとのことだった。そしてアンナは、ピーターを殺したのはサイモンだと言うのだが…。


これ。
リーズ・ウィザースプーンの元旦那様であるライアン・フィリップと「死ぬまでにしたい10のこと」「ドーン・オブ・ザ・デッド」のサラ・ポーリー。更に「コヨーテ・アグリー」のパイパー・ペラーボも出てます(パイパー・ペラーボは久しぶりに見たな)脚本はアイデンティティーのマイケル・クーニー。
「メメント」「バニラ・スカイ」に続く脳刺激型サスペンス…となると、見ないわけにはいかないです(笑)

何だか「ペイチェック」をも匂わせる作品だな…って。ぷぷっ。
事故のショックで2年間の記憶を喪失。さて…その2年間の「」は?
「誰が真実を知ってるのか?」「何故?」という疑問の中、自分の頭の中を試される。私は推理が大好きなので、無い頭を使ってがんばってみた(爆)

スポンサーサイト

2005.04.20 Wed リーサル・トリガー

テスは夫であるベケットを完璧な夫だと思っていた。ベケットもテスのことを愛していた。
すべては完璧だったはずの結婚生活。しかし、結婚してからのベケットは次第に異常さを増していき、テスは怯えながら暮らす生活を強いられる。



これは…舌は噛まないけれど、言いづらい名前のマーク・ダカスコスが出てます(笑)
ベケットと結婚したテスが可哀相…結婚した後にすぐに態度が豹変するベケット。

何これ~!?ちょっと怖いんですけど~!!

テスを絶対に妊娠させようとするベケット…これって家庭内レイプなんですけど!!恐ろしい…何を考えてるのやらこのベケットって奴は。
うっわ~。ビンタから頭突きから挙句の果てにはナイフで刺され…怖ぇ~怖ぇよ~。何だか序盤からこんなシーンで始まるとドキドキ通り越して怖いんですけど(汗)

2005.04.20 Wed レッド・スナイパー

アクションなんだけれど、女が主人公ってコトは…
やっぱ、ああいう感じであります(謎)

女子刑務所が出てきたので「おぉ~これは荒々しい女同士のケンカなんてあるかも~」と思ったけれど、すぐお終い(笑)

確かにこの主人公の体格ってがっちりしてるしブロンドだし目つきもキツイし強そうだけどさ(笑)
ただ、少し動きが鈍いんだよね( ̄▽ ̄;)あはは・・・

2005.04.19 Tue レイジングプラン

レイジングプランマックスは、黒社会で名前を知らない者はいないというビッグなワル。ある夜、マックスの弟だという男が突然現われる。
彼はマックスの女であるジェイミーに近づくが、彼女は男が嘘をついていることに気付く。ジェイミーは、男に薬を盛って眠らせ縛り上げてしまう。だが、マックスたちは男の巧みな罠に翻弄されてゆく。



マシュー・リラードですよ!!
スクリーム、13ゴーストのあの人!!

…忘れられない顔です(笑)

何ていうか、最初から意味のわからないままって感じでストーリーが進んでいくんだけれど。

2005.04.19 Tue リアルブラッド

リアルブラッド無職の中年男アルは、偶然知り合った若く魅力あふれるエリーを故郷の町まで車で送ることに。モハベ砂漠を通りエリーの実家に到着。そこにはエリーの母ジュリーとその愛人ボイドがいた。
アルは知らず知らずのうちに、彼らの関係に巻き込まれ…



アンジーが出ているってことだけで借りてみました。

この作品は見たことないので。
エリー演じるアンジーの登場シーン。ノーブラなので見たくなくてもそこに目が行くわけで(笑)
すごいな~って思ったんだけれど…アンジーの存在感って何て言っていいのか、やっぱかっこよく見えちゃう。
素で演じているようにしか見えなくて役に関係なくかっこいいって感じなんだけど、何なのかが分からないだけに危険な香りがするんだよね…エリー。

2005.04.19 Tue リディック

リディック遥か彼方の未来。銀河最強のお尋ね者であるリディックは、賞金稼ぎの手から逃れ、ヘリオン第1惑星へ辿り着いた。
平和そのものの姿を描いたようなその星も、今や全宇宙の支配を目論む狂信集団“ネクロモンガー”の侵略にさらされようとしていた。そんな中、旧知の僧・イマムと再会したリディックは、彼を探していたエレメンタル族の長老・エアリオンから数奇な運命を預言される。
リディックは“ネクロモンガー”に滅ぼされたフューリア族の生き残りであり、この宇宙を救う救世主だというのだ。



ほんとSFアクション~!!って感じ。

最初から最後までドカーンドカーン...ド派手なシーンにアクション。
見ていて退屈はしないので気分いいけれど、ちょっとリディックがあまりに強すぎるっていうのが…
ほんとビン・ディーゼルのための映画って感じです。コレ。

女の匂いを嗅いでしまうクセがあるってのはうけるけど。デイムの匂いを嗅いでたし(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。