Sideway

Home > 〔映画〕 ドラマ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.21 Sun セントアンナの奇跡

セントアンナの奇跡 プレミアム・エディション [DVD]1983年のニューヨーク。
定年間近の真面目な郵便局員が突然、客としてやってきたある男を射殺した。
その郵便局員は、第二次大戦時、黒人部隊バッファロー・ソルジャーの一員としてイタリアの戦線に送り込まれていたが、そこで出会ったひとりの少年アンジェロとの交流が、全ての謎を解く鍵だった。その謎を解く鍵は、1944年のトスカーナにあった…


郵便局で働くヘクター。
お客の顔を見るなり冷静な態度で銃で射殺する。しかもその銃はドイツ製。何故??…そこから始まっていくのだけれど。

ヘクターとアンジェロ(ー”ー;)うーん
チョコレートの巨人とアンジェロだとわかるけれど、どうすればヘクターとアンジェロが繋がっているのだろう?と思ってて、誰が誰なのかを理解するのも最初は大変で、頭を悩ませながらも頑張って見ていくうちに最後にはこれがまた驚く事にピッタリ繋がった。

そしてラストの海辺のシーンで泣いてしまった。

アンジェロは本当に奇跡の子だったのです。
これは、見ないとわからないかも(^^;)

スポンサーサイト

2007.09.24 Mon セイブ・ザ・ラストダンス2

セイブ・ザ・ラストダンス2バレエを題材にした青春ドラマ「セイブ・ザ・ラストダンス」の続編。
N.Y.のジュリアードでダンスを学ぶサラは、今まで学んできたクラシックバレエに懸ける心とヒップホップダンスへの打ち消しがたい情熱の狭間で揺れ動く。



こういう感じの作品は好きなので、苦手なラブストーリーでも見ます(笑)
バレエもヒップホップダンスも…
この間「ステップ・アップ」を見たんだけれど、それと比べてみたら私はこの作品のほうが好きかなぁ?

主役のイザベラ・マイコは良かった。可愛いね。芯の強いしっかりとした女って感じも合ってた。

2007.04.02 Mon ウェイクアップ・デッドマン

フランスの静かな街に、ある朝大勢の人々がなんの前触れもなく流れ込んできた。
行政の調査により、彼等が生前の姿のまま蘇ってきた蘇生者(死者)であることが判明する。呆然としながらも、事態の収拾のために、街は彼らを受け入れることを決定する…



え~っと。これはドラマ?(爆)
大勢の死者が蘇るとなると、ついついゾンビを意識してしまう私。なんだか静かな雰囲気のヒューマンドラマでした。

そりゃ~
いきなり死んでしまった者が生前と変わらない姿で生き返ってきたら驚いて固まってしまうのが先だと思うし、ワケがわからなくなってどうしていいか困るハズ。
何だか生きている者が死者に対してとても気を使っている感じだった。
…つ、疲れそうo(- -;*)ゞ

2006.11.05 Sun トレジャー・オブ・パイレーツ

12歳のアンネは動物好きの活発な女の子。
ある日、動物学者のコルネリウスおじさんから南極から連れてきた一羽のペンギンをプレゼントされる。
アンネはそのペンギンにアムンゼンと名前をつけ、大の仲良しになる。
一方、コルネリウスはアムンゼンがくわえていた赤いルビーを調べると驚くべき事実が。それはフエゴの十字架という秘宝にはめられていた宝石で、17世紀にホーン岬の海賊が略奪したものだった…



パイレーツ・オブ・カリビアンっぽい?もの??
…ではありません(笑)

他の作品を借りた時の予告を見て、あまりにもペンギンが可愛くて仕方なかったので、この作品がレンタルされるまで待ってました。
とても可愛いんです!アムンゼンが!!
その姿を見ているだけでもいいって感じ(笑)

最初はコルネリウスはペンギンを想っての行動かと思っていたけれど、中盤から宝目当ての人と何も変わらないただの人にしか見えなくなった(汗)
そう考えると動物を愛するアンネの行動のほうが見ていて気持ち良かった。

2006.11.01 Wed アンジェラ

アンジェラ スペシャル・エディションマフィアの取立て屋に追われるアンドレに残された時間48時間。
金策もなく、絶望の淵に沈んだアンドレはセーヌ川に身を投げようとする。その時、長身金髪の美女アンジェラが現れ「あなたと同じことをする」と言って突然セーヌ川に飛び込んでしまう。
夢中で彼女を助けたアンドレに、アンジェラは「あなたに未来を与えるためにきた」と告げ、やがて不思議な力を駆使してアンドレを絶体絶命のピンチから次々に救い出すが…



不思議な映画。
ドラマを見ているみたい…って。これドラマだよね?
アンジェラは天使。なんとなく違和感のある天使だけれど、どうしようもないアンドレをアンジェラが救う。
作品自体はモノクロなのに映像は美しく感じる。
アンジェラ役のリー・ラスムッセンはモデルとだけあって、背が高くとても綺麗。

2006.10.07 Sat ポセイドン

ポセイドン北大西洋を航海中の超豪華客船ポセイドン号は、ニューイヤーズイブの祝宴で沸いていた。
パーティーを楽しむ人々。だが新年を迎えるカウントダウンの瞬間、超巨大津波がポセイドン号を飲み込む。
転覆し、真っ逆さまになった船の中に閉じこめられた乗客たち。絶体絶命の中、極限の脱出劇が始まった…



あのポセイドン・アドベンチャーのリメイク。

これは一体誰が主人公なのか見ていて分からなかったけれども(汗)
豪華客船に乗って楽しいはずの人達が突然パニック状態になってしまう。ありえない事だけど実際にこうなった場合は一体どうしたらよいのか?と一緒になって考えながら見てました。
あんな場所にいたとすれば「こりゃ、ダメだ」と諦めてしまうだろうな、私は(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。