Sideway

Home > 2005年04月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.04.20 Wed 10億分の1の男

10億分の1の男 デラックス版

この作品はスペインのもの。
スペインの映画ってどんなものがあっただろか?o(-_-;*)
ウーン…思い出せないなぁ。

あらすじはというと…
荒涼とした乾燥地帯の中にある一軒のカジノ。
そのカジノの奥から、人から運を奪う男フェデリコが現れた。
フェデリコにその能力を授けたのは、カジノの経営者であり、強制収容所からただひとり生き延びた男サムだった。
しかしサムはフェデリコが自分の元を去ろうとすると、その能力を奪い取る。
7年後、旅客機の墜落事故があり、ただひとり生き残った男がいた。
その男トマスも強運の持ち主なのか?トマスのもとに現れたフェデリコは、あるゲームへのエントリーをすすめる…


運の強いもの同士が集まり、誰が一番運が強いのか?というのを「モノ」をかけたり「人間」までも賭けて競うという…。

何とも私にはいまいち好めない内容でした(笑)

強運の持ち主に触れたりするだけで運を奪えるとゆうのは。

びっくらです(笑)

ていうか、運のある人。すごい羨ましいんですけど~。
でも。
「運」というのを中心にしたストーリーはある意味面白いとは思いました。

スポンサーサイト

2005.04.20 Wed 14日

この作品はサスペンス☆

政治家の娘と婚約した若き敏腕弁護士が「売名行為」のため、駐車違反料金未払いで14日間監獄に収監されることになった。
しかし、その14日目に独房で大量のコカインが発見され、本当に収監されることになってしまった…


裏で操っているのは誰なのか?気になります~って感じですが、大体見ているだけで分かってしまいます(笑)

ドイツの映画は私は大好きなのですが、この作品は忘れていて思い出せずにいたので再度見たんです( ̄▽ ̄;)

2005.04.20 Wed 私がこわされるとき

私がこわされるとき音楽教師キャサリンは、母親同士の紹介で自動車修理工のジョンと出会い、お互いに想いを寄せ合った。やがて2人は結ばれ新婚生活に入るのだが、義理の母イレーニが何かと干渉してくる。
義母の目に余る行動にキャサリンは自分たちに干渉しないよう伝えるが、その日から優しかったイレーニの態度が豹変。息子ジョンへの過剰な愛情が狂気へと代わっていった…



見た目から怖い顔でいじわるそうな義母イレーニ。
事実に基づく物語ってトコが怖いよね、コレ。

最初はお互いの母親からのすすめで、仕方なく会い、いつの間にか恋におち、すごく愛しあってますって感じ(汗)
あれれ…これは恋愛映画じゃないの?って感じで怖い雰囲気なんてサラサラありませんって感じなんだけれど。
この義母。何かと"一族"にこだわっていて、子供を作らないと一族が絶える…とジョンをせかす。しかも何かと世話を焼きすぎのこのイレーニに対し、キャサリンが「自分達は自立しないといけないので、援助はいらない」と一言言った時からコロッと態度が変わり、それ以来いじわるになってしまう。

どんどんひどくなっていき、イレーニは息子のジョンに嘘を吹き込み、赤ちゃんまで産んだキャサリンを家から追い出す。

2005.04.20 Wed 惑星「犬」。

惑星「犬」。〈特別編〉オーウェンの唯一の友達は愛犬のハブル。
ある夜オーウェンが目を覚ますと、ハブルがどこかへ出かけて行く所だった。
不思議に思い後を追うと、なんとそこには宇宙船が!
実は現在地球上にいる犬ちゃんたちは、今からおよそ数千年前、地球を乗っ取り植民地化するためにやって来たエイリアンだったのだ!



これ目立たない作品なんだけれど。すっごくお勧めですよん♪

大爆笑コメディーです!!(笑)

宇宙からやってきたハブル。
そんでもって犬が喋りまくります(笑)

何匹かのいろんな犬が出てくるんだけれど、それが違和感なく人間のように喋るの。凄い!よく出来てるっ!!

2005.04.20 Wed ワイルド・レーサー

ワイルド・レーサーハイウェイを使った違法レースが若者達を熱狂させていた。レース開催の情報を聞きつけた警官カールは、潜入捜査を目的に自分の車で飛び入り参加。
その頃、高級車ばかりを狙う窃盗事件が相次ぎ、警察は必死の捜査を続けていた…



これまたドイツの作品(笑)
こういうカー・アクション系の映画は大好きなので、どう楽しめるかなぁ?なんて思っていたら。
ちょいとコメディー入ってる作品でした。

走っているうちにカールの車がボコボコッと壊れていくシーンには

笑えた。

2005.04.20 Wed ワイヤー イン ザ ブラッド

この作品はホラーかと思いきや、猟奇殺人ですた…。

感想は?というと、
…うぅ。答えようがないです(爆)

前日に『アイデンティティー』を見たせいか、そのシーンが頭の中に残っててこの作品を見ても面白味がなかったんです( ̄▽ ̄;)

あまりに残酷な殺人描写のため、欧米各国で禁止になった話題作…その割には、怖くなかったよん(笑)

ただ、男性が見るには痛々しいかもだけど(汗)
殺されるのは、普通であれば「女性」というのが多い中で、この映画では男性が標的です。
…ち、ちょっとホモっぽいかもです。 でも、いつも見るような的ハズレな作品よりはマシかも。

2005.04.20 Wed リーサル・トリガー

テスは夫であるベケットを完璧な夫だと思っていた。ベケットもテスのことを愛していた。
すべては完璧だったはずの結婚生活。しかし、結婚してからのベケットは次第に異常さを増していき、テスは怯えながら暮らす生活を強いられる。



これは…舌は噛まないけれど、言いづらい名前のマーク・ダカスコスが出てます(笑)
ベケットと結婚したテスが可哀相…結婚した後にすぐに態度が豹変するベケット。

何これ~!?ちょっと怖いんですけど~!!

テスを絶対に妊娠させようとするベケット…これって家庭内レイプなんですけど!!恐ろしい…何を考えてるのやらこのベケットって奴は。
うっわ~。ビンタから頭突きから挙句の果てにはナイフで刺され…怖ぇ~怖ぇよ~。何だか序盤からこんなシーンで始まるとドキドキ通り越して怖いんですけど(汗)

2005.04.20 Wed レッド・スナイパー

アクションなんだけれど、女が主人公ってコトは…
やっぱ、ああいう感じであります(謎)

女子刑務所が出てきたので「おぉ~これは荒々しい女同士のケンカなんてあるかも~」と思ったけれど、すぐお終い(笑)

確かにこの主人公の体格ってがっちりしてるしブロンドだし目つきもキツイし強そうだけどさ(笑)
ただ、少し動きが鈍いんだよね( ̄▽ ̄;)あはは・・・

2005.04.19 Tue レイジングプラン

レイジングプランマックスは、黒社会で名前を知らない者はいないというビッグなワル。ある夜、マックスの弟だという男が突然現われる。
彼はマックスの女であるジェイミーに近づくが、彼女は男が嘘をついていることに気付く。ジェイミーは、男に薬を盛って眠らせ縛り上げてしまう。だが、マックスたちは男の巧みな罠に翻弄されてゆく。



マシュー・リラードですよ!!
スクリーム、13ゴーストのあの人!!

…忘れられない顔です(笑)

何ていうか、最初から意味のわからないままって感じでストーリーが進んでいくんだけれど。

2005.04.19 Tue リアルブラッド

リアルブラッド無職の中年男アルは、偶然知り合った若く魅力あふれるエリーを故郷の町まで車で送ることに。モハベ砂漠を通りエリーの実家に到着。そこにはエリーの母ジュリーとその愛人ボイドがいた。
アルは知らず知らずのうちに、彼らの関係に巻き込まれ…



アンジーが出ているってことだけで借りてみました。

この作品は見たことないので。
エリー演じるアンジーの登場シーン。ノーブラなので見たくなくてもそこに目が行くわけで(笑)
すごいな~って思ったんだけれど…アンジーの存在感って何て言っていいのか、やっぱかっこよく見えちゃう。
素で演じているようにしか見えなくて役に関係なくかっこいいって感じなんだけど、何なのかが分からないだけに危険な香りがするんだよね…エリー。

2005.04.19 Tue リディック

リディック遥か彼方の未来。銀河最強のお尋ね者であるリディックは、賞金稼ぎの手から逃れ、ヘリオン第1惑星へ辿り着いた。
平和そのものの姿を描いたようなその星も、今や全宇宙の支配を目論む狂信集団“ネクロモンガー”の侵略にさらされようとしていた。そんな中、旧知の僧・イマムと再会したリディックは、彼を探していたエレメンタル族の長老・エアリオンから数奇な運命を預言される。
リディックは“ネクロモンガー”に滅ぼされたフューリア族の生き残りであり、この宇宙を救う救世主だというのだ。



ほんとSFアクション~!!って感じ。

最初から最後までドカーンドカーン...ド派手なシーンにアクション。
見ていて退屈はしないので気分いいけれど、ちょっとリディックがあまりに強すぎるっていうのが…
ほんとビン・ディーゼルのための映画って感じです。コレ。

女の匂いを嗅いでしまうクセがあるってのはうけるけど。デイムの匂いを嗅いでたし(笑)

2005.04.19 Tue リターン・トゥ・パラダイス

リターン・トゥ・パラダイス (初回限定生産)麻薬所持で死刑宣告を受けた友人を救うために、自らの自由を放棄すべきか否かを苦悩する男の姿を描く。

好きな男優ホアキン・フェニックスの出ている作品ってことで。
アン・ヘッシュも出演してます。

それはいいんだけど、びっくりした!!
始まった途端、沖縄民謡の「じんじん」が流れてんだけど何故だっ?(笑)

しかもホアキン。髪が変なんだけれど、どうしたんだ?(笑)

仲良し男3人組って感じでいいねぇ。
…でも、可哀相にルイスの役はホアキン(T-T)

2005.04.19 Tue 恋愛適齢期

恋愛適齢期音楽業界で権威を振るう、63歳の独身富豪ハリー。彼がつきあうのは30歳以下の美女ばかりで、今回も若い恋人マリンと週末を過ごすために、彼女の母親の別荘にやってきていた。
そうとは知らずに妹娘のゾーイと別荘にやってきたマリンの母親エリカは、突然あられもない姿で現れた姉娘のボーイフレンドに絶句。気まずい夕食の後、心臓発作で倒れたハリーは病院に運ばれ、エリカの別荘で療養生活を送ることになった。


心が熱くなるっていうか何ていうか。
女性だからこそわかる部分とかもあって。
熟年男女の恋っていうのはこういうものなのかなぁ?

私はあまり恋愛映画は見ないほうなんだけれども(汗)

隣の部屋同士でチャットしてる2人の姿が可愛らしかったな(笑)
ダイアン・キートン演じるエリカのする事とか行動っていうか…かわいいんだよね^^

2005.04.19 Tue リザレクション

リザレクション青年ジュはマッチ売りの少女からライターを買った直後、ヴァーチャル世界へ足を踏み入れた。超人的なパワーを手に入れて喜んだのもつかの間、闇の軍団から命を狙われた。
そして、マッチ売りの少女を助け出す使命を与えられるが…。


これどういう作品なんだろな?って思いつつ興味があって見ちゃいました♪
韓国の作品でSF?ものです^^

何か変な髪型の男が出てきて最初うけてしまった!!(笑)

しかもカッコイイとかって言う女もいるし!ぷっ(≧m≦)b

2005.04.19 Tue リジー・マグワイア・ムービー

リジー・マグワイア・ムービー 特別版何をやってもドジってしまうリジ―・マグワイア(ヒラリー・ダフ)とその親友デヴィッド・ゴードン(アダム・ランバーグ)は、どこにでもいる平凡な中学生。
そんな二人は高校生活を目前に、花の都、イタリアはローマへクラストリップに行く事に。それぞれの期待をたっぷりバッグに詰め込む二人。この旅はリジーにとって今までのドジな人生を一新させ、新しい自分になって夢を叶えるための大切なファーストステップだ。
美しいローマの街を巡り、楽しいときを過ごす二人の目の前に、偶然にもイタリアの大人気ポップスターであるパウロが現れる。リジーを見て驚くパウロ。
なんとリジーは彼の仕事上のパートナーと瓜二つだったのだ。



ファンではないのですが、ヒラリー・ダフの歌は好きなので…ただそれだけの理由で借りちゃいました^^

あ。でも、可愛いんです~(笑)

でも、以前に比べるとヒラリー・ダフ。ちょっとポチャっとしているような?
親友デビッドがいいやつなんです~。こういうタイプ、結構好きですな私(笑)
「いい気味だ~」って思ったのは口パクがバレてしまうシーン!!

これはラストのお楽しみってトコで。ぷぷぷ。

2005.04.19 Tue リバース

殺人に巻き込まれた女性刑事が、時間逆行の実験装置を使って過去を変えようと苦闘する姿を描くSFアクション・スリラー。


これは30分ぐらいしてからが面白くなってくる!!

車が故障したため主人公のカレンがヒッチハイクされた車に乗ったらば、ジェームズ・ベルーシ演じるフランクに殺されかけてしまい…逃げ出した途中で飛び込んだ施設みたいな場所にカレンが飛び込んでいくと、時間逆行の実験をしてる場所だったわけで。

偶然にも時間逆行装置で20分前に話が戻って。

カレンがこの先に起こりうる内容を変えたせいで全く別のストーリーになってしまう。
でも。結局は人が死んだりするわけで。それが嫌なカレンは過去に戻ってその場所に帰ってきたばかりなのに「また過去に戻して…」と言う。

今度はブライアンという時間逆行装置を作った男と過去に戻る。
それがまた面白いことに3回も同じシーンを見ているのに、内容もその先のストーリーも全く内容が違うの(笑)

2005.04.19 Tue ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー幸せなクリスマスへの期待を誰もが胸に抱く12月のロンドン。就任早々、秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、南仏へ傷心旅行に出かける小説家、長く職場の同僚を思い続けているOL。学園のアイドルに恋心を抱く11歳の少年。夫の浮気に気をもむ熟年の主婦、親友の新妻に思いを寄せる新進画家、新曲のクリスマスソングにすべてを託す元ロックスター。
それぞれ異なる人生を送っている彼らだったが、ひとつだけ、その全員に共通する事柄があった…。


恋愛映画は苦手であまり見ないほうなのですが…これは良かったです。
見終わった後も心がホッと暖かくなれるそんな作品でした。みんないい味出していたんですけれども、私のツボを押したのは元ロックスターのビリーかわいいです。あんな感じの人って♪

ただ、この作品を見る前に「アナトミー2」を見ていたので、その作品に出演していた秘密結社の医師の女役の人とこの映画に出演していたペンダントをプレゼントされた目のデカイ女の人(名前…何だったけか?・笑)

同じ人ちゃうんかな?似ていたんですけど~(爆)

2005.04.19 Tue レジェンド・オブ・メキシコ

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード コレクターズ・エディション過去を背負い、世間と現実から身を潜めて生活していたエル・マリアッチは、過去に“伝説のガンマン”とも呼ばれた男だった。
そんなエル・マリアッチに、一人の男が近づく。CIAの悪徳捜査官・サンズだ。
彼は、麻薬カルテルのボスが計画しているメキシコ大統領の暗殺を阻止して欲しいとエル・マリアッチに依頼する。


かっこええですね~。
え?ジョニデではなくバンデラスがですよっ(笑)

この作品でのバンデラスのアクションがですよ。
セクシーな割に私生活ではお茶目なバンデラスだけれど、この作品ではクール。ギターを持ち妻子の仇を討つために暴れまくりっ。バイクシーンが凄く楽しくて面白かったけれども…
あのカロリーナとの宙ぶらりんなシーンも凄かったぁ~。

あれぢゃ手首から血が流れないのかな?変なトコ気になるな(笑)

2005.04.19 Tue ラッツ

ラッツニューヨークの地下で突如、ネズミの大群が異常繁殖した。
血に餓えたネズミの大群は高級デパートを手はじめに、マンションや地下鉄、さらには屋内のスイミング・プールやバスまでも侵略し、瞬く間に人間を餌食にしていく。
さらにネズミ特有の病原菌までが蔓延し、ニューヨークは未曾有の大パニックに陥った。



ものすごい数のネズミの大群; ̄ロ ̄)!!

私はネズミはあまり怖くないんだけれども、コレは別(笑)

あんな数に襲われたらたまったもんぢゃ~ないですし~。

トイレの便器の中からこのネズミ…
『こんちわ~』って感じで顔を出しやす(爆)
ていうか、人間もエサになっちゃうんだからどうしようもない。

2005.04.19 Tue 理由

理由


ずーっと前に1度見ているけれども、ハッキリ内容が思い出せずで。
旧作ということで、思いきって借りてみた!!

この作品、サスペンスです。
主人公のボビーは黒人なんだけれども、少女を誘拐しレイプして殺人されるという事件の犯人として捕まえられちゃうのだけれど。
最初は警官であるタニー(ローレンス・フィッシュバーン)らが怪しいなぁ~。
ボビーにこんなひどいことをして!とイライラするんですよ。

もぅ、マジで!!

2005.04.19 Tue レッド・サイレン

レッド・サイレン デラックス版

「レッド・サイレン」まぁまぁ楽しめましたよ♪
アクションであります☆

これはフランスの映画なんだけれど、何だかね「レオン」っぽいな(笑)

きっと見た人は…「ん? レオン?」
…とまでは口には出して言いませんが(笑)

思う人いるかも??であります。たぶん…どこかに(笑)

2005.04.19 Tue ラ・タービュランス

ラ・タービュランス東京で働く地質学者のアリスは、地球規模で勃発すると予想される大地震の調査のため生まれ故郷のカナダへと向かう。そこには潮の満ち引きが止まり砂漠化した海岸、異常な熱波による山火事の危険など、この世の終末を予感させる事態が待っていた。
さらにこの異常現象の影響で町の人々の様子も常人のそれでないことに気づいたアリスは、全ての元凶を究明するために調査チームを発足する。しかし滅亡はすぐそこまで迫っていた…。



見たか見ていないか全く思い出せない作品; ̄ロ ̄)!!
ってことで。
借りてみました…しばらく見続けてたけど見たことなかったみたい(笑)

ストーリーだけだとデイ・アフター・トゥモロー?ってなそういう似たような感じの感覚だったので借りたんだけども。

2005.04.19 Tue リーサルドーズ

リーサル・ドーズ失踪中の仲間から届けられた暗号メール。
解読に成功した過激派団体のメンバーたちは、救出のため謎の地下研究所に潜入する。電圧や重力を凶器としたサイキック現象と、何者かの直接攻撃により、次々と惨殺される仲間たち。この研究所では一体何が起っているのか?



パッケージを見てSFホラー?だと思い、借りちゃいまして…。
いろんな目立たない作品を借りてるけれど、これは見てなかったので借りてしまいました(笑)

…こ、これ。何なんでしょか?

電気?電圧?もしかして人が入り込んでるの?え?意味わかんないんですけど~。それとも実験された人がサイキック現象が使えるようになってんの?

どひぇ~。意味がわかんない~っ。

2005.04.19 Tue ユートピア

ユートピアスペイン、マドリッド。青年アドリアンは、自分の見る予知夢に苦しめられていた。
奥深いジャングルのゲリラ達、戦いに苦しむ美しい女性の姿。彼は己の運命を変えるため、その女性を探しに出かけた。一方、アンヘラというブルジョアの一人娘が南米で忽然と姿を消す事件が起こった。
別々だった二人の運命は、やがて1つになる。



予知能力ですよ…凄いですね。
でも、このアドリアンの場合は眠っていない状態で予知夢を見るんだな…鼻血も出てくるし…
アンヘラを救い出す事によって何が変わるんだろう?ソレが気になってくる。

眠ってる時に見る夢は過去に起きた事?…へ??そうなの??
私の場合寝てる時に見る夢は予知夢だったりする事あるけどなぁ…ま、映画だからこんな細かい事はいいか(笑)

2005.04.19 Tue ヤンババ! ばばぁ強盗団がやって来る!

ヤンババ! ばばぁ強盗団がやって来る!


ドイツの作品。
何を隠そう「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」のティル・シュバイガーがこの作品も製作ってことで見たのですが(笑)

主人公の3人のおばあちゃん達が笑わせてくれる。
夢のクルーズのためにこつこつと貯めた小銭と紙幣を突然の銀行強盗により盗まれパァーになってしまう。
死ぬ前に…とやっとの思いで8年間も貯めて銀行へと向かったのに…可哀相。

銀行強盗が現れるシーンはアクションって感じで、飛んだり回ったりでかっこいい銀行強盗だったけども(笑)

2005.04.19 Tue ユー・ガット・サーブド

ユー・ガット・サーブド コレクターズ・エディション ストリート・ダンス パック (完全限定生産)ストリートダンサーのエルジンとデビッドは無二の親友。彼らのチームはストリートダンス・バトルで常勝し、他のチームからも注目される存在だったが、麻薬取引のトラブルに巻き込まれ決裂。50,000ドルの賞金とプライドを賭け、それぞれ別のチームとしてコンテストに参加する。
全米で圧倒的人気を博すR&BミュージシャンのB2Kと、マーカス・ヒューストンが競演する話題作。


あれ~?これってもしかして…ずっと前にショービズで紹介されてた作品っ?てことで。
レンタルされてるんだぁ~と大興奮で借りちゃいました^^

ダンスバトルが凄いの何のって!!みんなすごく上手すぎて羨ましいっ!!

見ていてとてもワクワク☆

主演のマーカス・ヒューストンとB2Kのオマリオンはこの作品で親友なんだけれど、すごく仲がいいのにエルジンが麻薬取引のトラブルに巻き込まれてデビッドとの友情が壊れたりしちゃってドロドロッ。

2005.04.19 Tue モンスター

不死身の怪物に変身して悪人を処刑する刑事が、しだいに暴走していくサスペンス・ホラー。


これ一体どこの国の作品だ?(爆)

シェイド警部が熱い人間だっていうのは分かるんだけれど。最初、見ていて意味が分からなくて( ̄▽ ̄;)
シェイド警部とダーク部長は2人で行動しているんだけれど、ここの警察自体どういう警察署なのかもワケわかんない(汗)

警部は異様にクールだし…ち、ちょっと妙(笑)

確かに死体とか見ていると無残だし、グロイんだけれど…それが誰の仕業なのかとかはわからなくて。でも…殺され方を見たら人間の仕業ではないって分かるんだけどサ(爆)

2005.04.19 Tue ミーン・ガールズ

ミーン・ガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション動物学者の両親を持つケイディは幼い頃にアフリカへと渡り、そこで12年間両親と共に暮らしていた。
やがて故郷アメリカへと帰国することになり、彼女は初めてアメリカの学校へ通うことに。しかし、"イマドキ"のハイスクール生活には様々なルールや派閥があり…



リンジー・ローハン主演。
フォーチュン・クッキーも良かったんだけれど、この作品もよかったです♪
陰口とかいじめとか本当に嫌だね~って思いつつ。ただそういう部分だけではなく、何ていうのかな?見ていて考えさせられるような内容だな~って感じた。

女同士って本当に怖いねぇ…

相手に合わせて息苦しい毎日を過ごすよりも、自分らしさを出すってのがやっぱ1番!!

2005.04.19 Tue ミッシング・ハイウェイ

ミッシング・ハイウェイ家路を急ぎ深夜のハイウェイを行く1組の母娘は、途中のドライブインに立ち寄ったときに奇怪な現象に遭遇する。しかも、その直後に愛娘が忽然と姿を消してしまった。
もう誰も信じることは出来ない。我が子を助け出すために、母はただひとり真夜中を駆け抜ける。


マデリーン・ストウ…ちょっと老けた?
母親役で出ているんだけれど、娘に対して口煩いし、途中ヒッチハイクで娘が乗せてあげた女の子に対して凄くいじわる。

こんな母親は嫌だぁ~( ̄▽ ̄;)

確かにその女の子は訳アリで不気味かもしれないけどさぁ。
何だろう…どんな謎があるのかが今ひとつ掴めないっていうか、全くわかんない(汗)
ていうか、見ていくうちに…何か妙な集団達出てきた。

2005.04.19 Tue マーティン/呪われた吸血少年

ピッツバーグにやって来た青年マーティンを、叔父のクーダという老人が出迎えた。老人は「この街で面倒を起こすな」とマーティンに釘をさす。実は彼は、血を浴びなければ生きられない吸血鬼の一族だったのだ。
ジョージ・A・ロメロが創出した、新しいスタイルの吸血鬼譚。



血を吸うだけでなく、裸になって血を浴びるの?

ちょっと不思議な感覚。

クーダがマーティンに対して凄く冷たい。いくら吸血鬼だからってここまで冷たくするなんて酷すぎる。
でも、仕方ないけど(汗)
途中マーティンが恐ろしい吸血鬼になったと思ったらば変装だった(笑)

ラジオ番組に頻繁に電話をかけ自分のありのままを話し、相談?するマーティンの姿。
何だか思っていた怖い吸血鬼映画とは違う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。