Sideway

Home > 2006年02月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.26 Sun キラー・モスキート 吸血蚊人間

女性学者ジェニファーは、人間を死に至らしめる西ナイルウィルスの治療法を求めて、全力で研究に取り組んでいた。
そんなある日、連続殺人犯として服役中だった凶悪犯レイが人体実験の被験者としてジェニファーの研究室に送られてくる。だが、レイが隙をついて拳銃を奪い、研究所内で銃撃戦が勃発。
大混乱のなか、レイは研究所からの脱走に成功するものの、変異した蚊のDNAを全身に浴びてしまったことから、恐るべきモンスター"マンスキート"になってしまう…



吸血蚊人間ですよ!蚊人間!!(笑)
ちょっとタイトル笑ってしまいましたが借りちゃいました。でも、これ凄いや。蚊のDNAを浴びた直後にいきなり変身だもの。
しかもこれがまた意外にリアル。
蚊だと言われなければ蝿にも見えるような?(爆)

…あ。でもやっぱり蚊だ。血を吸うもの。

ジェニファーが次第に蚊になりかける所が面白かった。
目が赤くなったり…顔が怖くなってったり。

スポンサーサイト

2006.02.26 Sun パラサイト 殺人寄生虫

のどかな田舎町のミズーリ州ホスト。
平和だったこの町に家畜やペット・小動物が謎の死を遂げるという不可解な事態が連発する。獣医のイーライは、動物たちの死の原因を探るために死骸の研究を開始。変死を遂げた動物の死骸から未知の寄生生物が発見された。
この寄生生物が宿主の生き血を吸いながら、脅威的な成長を遂げることが判明する。イーライは警告を発するが、その寄生生物は新たなる宿主として人間にも襲いかかり…。


牛から始まって…犬…そして人間へ。
この「寄生虫」は血を吸ってデカクなる。その感染源?である牛の肉を食べた人間は次々に寄生される事に。
何だかそう考えると怖いな、コレ。直接牛に接触していなくても、その牛肉を口に…って考えたら怖い~。
ただ、この寄生生物とやらはお腹から突き破って出てくるもののコウモリみたいな感じ?だけれど姿はかなりフツ~(笑)
成長したら牙でも生えて恐ろしくデカイ姿なのか?と思ったもののフツ~。
( ̄▽ ̄;)あはは・・・

2006.02.17 Fri ダブルバウンド

2000万ドル完全奪取。
フールプルーフ(絶対確実)チームのサム、ケビン、ロブが立てた完璧な計画は莫大なダイヤを盗むこと。だがその計画が天才的かつ残酷な大泥棒レオに盗まれたことから彼らは支配された。
次なる計画はパトリス信託の奥深くに保管された2000万ドルの無記名債権。完全防御システムが作動するこのビルは難攻不落の要塞。全フロアに張り巡らされた最新鋭感知器、見えないレーザーによる警報装置。暗証番号入力以外に開かない巨大な金庫の扉。
不可能への挑戦が始まる…



序盤からちょっとスリリングな始まり。
でも、練習だった(笑)
3人で強盗するハズが大物のレオという泥棒にいつの間にやら計画がバレ、3人の指紋がついた計画書と引き換えにそいつの命令で強盗をするハメに…
ロブが徐々にレオの味方につくとは…仲間を裏切るなんて…まさか…
やっている事は見ていて複雑そうだけれど、意外に簡単に入り込めるんだ、このビルって。
でも、簡単ではないのでやっぱり普通の人には無理だな(笑)

パッケージではレーザーがあちらこちらにクロスしてるけど、実際はそうではないんだけどもね(爆)

2006.02.12 Sun チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場 特別版チャーリー・バケット少年は、失業中の父、母、寝たきりの祖父母が2組と、一家7人でとても貧しい暮らしをしている。ある日、その工場主ウィリー・ウォンカ氏がウォンカ社のチョコレートに入ったゴールデン・チケットを引き当てた5名の子供と家族を工場見学に招待する、と発表。
謎だらけのチョコレート工場の中に入れると、世界中が大騒ぎになる。思いもよらない幸運でチケットを手に入れたチャーリーは、4組の家族と共に工場を訪れる…



…遅ればせながらやっと見ました^^

15年間引きこもりの青白い顔におかっぱ頭。
でもってシルクハットのウィリー・ウォンカ。
…さすがジョニデ!!妙なキャラをさせたらほんと面白いね。
でも、どちらかというと私は
パイレーツ・オブ・カリビアンのジャック・スパロウが好きなんだけど(笑)

何だろう?
この作品は感想と言うのは書きづらいけど、私はただひたすらジョニーデップの演技とゆうか表情を楽しんでいました(笑)

チョコレートだけに
最初から最後まで『甘~い』感じ。

2006.02.05 Sun ビューティー・ショップ

ビューティー・ショップカリスマ美容師のジーナは、腕は良いものの勤務先の店長ホルヘといざこざを起こしてしまい、店を後にする。
次の仕事が見つかるわけでもなく、一時は途方に繰れたジーナだったが、やがて持ち前の明るさとガッツで、自分の店をオープンさせることに成功する。
しかし、ホルヘの執拗な嫌がらせで、店はメチャクチャになってしまう。ジーナはこの試練を乗り越えるべく、さまざまな出来事に果敢に立ち向かっていくのだが…


コメディーです。
でもってクィーン・ラティファやケビン・ベーコン。そして懐かしき?アリシア・シルバーストーン、アンディ・マクドウェルなども出演してます。
あ。だけどリン役のアリシア・シルバーストーンは相変わらず可愛い^^
上司のホルヘ役がケビン・ベーコン。しかも喋りが変(笑)
ホルヘとジーナの2人の会話とか見てると面白い。
こんな嫌味な上司がいたらほんとぶっ飛ばしたくなる(爆)
自分の店を開くってほんと大変な事だね。内装から外装まで変えなくちゃいけないから。しかもやっときれいにした店を滅茶苦茶に壊された時なんて…あんなの目の前にしたらショックどころではない。

2006.02.05 Sun セブンソード

セブンソード1600年代。
満州民族は中国に侵攻し明王朝を滅亡。清王朝となった王は「禁武令」を発布し、反乱を防いだ。
明王朝の軍人であった風火連城は、私腹を肥やすため明王朝の残党を次々と抹殺、反清王朝の強硬派が住む武荘を葬ろうとしていた。
武荘を風火連城から守るため、傅青主は武元英と韓志邦を連れ、武術の名門として名高い天山派に出向き強力を仰ぐと、大師は力ある4人の弟子を武荘へ送った。7人となった剣士「セブンソード」は清軍へと戦いを挑んでいく…


うわ~。
アクション大好きなので待っていた作品ですけど^^

…でも、正直。
名前とか難しくて覚えられなくて、ただひたすら見てました(笑)
7人の剣士が簡単に山を下るのは「え?こんな簡単に?」って感じですぐではあったけれど…
いつの時代も悪い奴ってほんと見ていて苛立つ。
由龍剣(ゆうりゅうけん)というものが凄かった。あの鈴の音?みたいなのが鳴るやつ。重そうだけど…あれ、かっこいいな(笑)
7人それぞれがいろんな個性があって、友情あり、愛もあり。

2006.02.04 Sat ウルフマン リターンズ

月に呪われし不死身の魔物、半人半獣の怪物"ウルフマン"遥かなる時を超え運命と闘い続ける美しき姉妹。大都会の暗闇の奥、怪奇と幻想の物語が再び幕を開ける。
半分獣にして、半分人間。太古より伝わるウルフマンと化した姉のジンジャーを葬ったブリジットは、自らの血に侵入した悪魔の遺伝子と闘っていた。ウルフマンの血を抑える唯一の方法は、トリカブトの毒を注射し続けること。
それが切れた時、人間は魔獣に変身する…


これは以前見たものの続編か。
でも、妹?あれれ?妹だったけ?
もう忘れている( ̄▽ ̄;)

それはそうと、最初は何だか退屈。
変身したりするシーンもなく、トリカブトは薬物更正センターで取り上げられて手元にないからブリジットは少しずつ変化していく。
でも、さすがに恐ろしげな変身ではないけど。自分の耳を切ったりとかは見ていて痛そう。
トリカブトというのもまた凄いんだけど。…毒だし。

2006.02.02 Thu ミート・オブ・ザ・デッド

片田舎を車で旅行していたマーティンとヘレナ。
ふたりは1人の男を誤って轢いてしまう。
慌てて男を車に乗せ、助け出そうとした矢先…絶命したかと思われた男が、突然車内で起き上がり、マーティンに襲い掛かった。
マーティンを残し、ヘレナが助けを求めた農家は廃墟と化していた。そして近寄ってくる人影。マーティンだった。しかしそれはもはや人間の姿をしていなかった。まともな人間は誰も残っていない。それは茂みから、漆黒の闇から、突然襲ってくる…



車で男を轢いてしまい、死んだハズの男が車内でいきなり起き出し、マーティンの首に噛みつき食いちぎる。
ぐひぇ~!!ちょびっと気持ち悪い~(笑)
マーティンに頼まれ、ヘレナはその場所から1人で助けを求めて民家へ…と思えばマーティン登場!!しかも人間ではなくなっている(笑)
マーティンを殺し、どうにか逃げ出すヘレナ。
…しかし。早いな、マーティンは変身するのが(笑)

牛から人間に感染。…そっか。
それはいいんだけれど途中で普通の人間の男デズモンドが現れるんだけれど。
あんな場所でよく襲われずに1人でいられたもんだ(笑)
デズモンドと一緒にヘレナは行動するんだけれど。一体どこから来たんだ?今まで人気もなかったのにどうやって出てきたんだ?って感じのゾンビ達(爆)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。