Sideway

Home > 2006年04月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.25 Tue 吸血ゾンビ

吸血ゾンビイギリスはコーンウォールの村で、原因不明の疫病が発生する。
村の医師トンプソンの依頼で調査に訪れたフォーブズ卿と娘のシルヴィアは、疫病の犠牲となった人々の墓を掘り起すが棺はいずれももぬけの空だった…



これ、見るからに古っぽい作品なんだけども。
1965年だから当たり前か(笑)
村人が次々に死んでいくってことで、その原因が分らない謎の疫病をフォーブズと娘のシルヴィアが調べていく…
と。
ブードゥーです。
ゾンビ好きな人は見なきゃです(笑)

村の地主のハミルトンとやらがこの儀式の首謀者なんだけれども。ゾンビを作り出していたのがこういう理由からだったのか!っていうのが腹立つ。ゾンビになった労働者達の姿は気持ち悪くもあり悲しくもあり…って感じ。

スポンサーサイト

2006.04.14 Fri プレデターX

プレデターXカリフォルニアの砂漠の中に、それを持つものに強大な力を授けるという「何か」の伝説が存在した。
その何かを手中にすべく、広大な砂漠を探し始めた兄弟。必死の捜索の末、兄弟はついにその「何か」を発見するのだが…



気になってたので見ちゃいましたがo(^^;o)
体のでっかい黒人と白人が2人。…でも、怖い顔に見えてとても人の良さそうな白人のマッコイ。ドニーはちょっと問題アリな感じ(笑)
でも、この2人がなぜ兄弟??
ていうか、何ていうか…どこがどこからプレデター?(爆)

延々待ってるんですけど、あまりに登場しないものだから退屈で退屈で。しかも亡霊のような母親が暖炉の中から登場して大男2人はびっくり。しかも意味不明(笑)

2006.04.12 Wed 地獄の謝肉祭

地獄の謝肉祭ベトナム戦争のさなか人肉で餓えをしのいだチャーリーは、戦争終了後に精神病院に収監された。その後、外出許可を得たチャーリーは、町に着いた途端に食人癖に目覚めライフルを片手にマーケットを占領してしまう。チャーリーのかつての上官ノーマンがなんとかその場を収めるものの、チャーリーに噛まれた警官も周囲の人々を無差別に襲うようになってしまう…

何なんでしょ?コレは(笑)
パッケージでは怖そうでグロそうな感じなんですけども、実際は怖くないです。
でも、違う視点から見ると、ちょっと怖いかな?
噛まれた人もゾンビ…ではないけれど、人肉を欲しがるようになるというもの。
ただ…そんなシーンはあまりなかったけれども( ̄▽ ̄;)
この作品は全く知らなくて、興味津々だったんで見たけど。もちろんパッケージだけ見て(お決まり・笑)

2006.04.12 Wed デアボリカ

デアボリカ人妻のお腹に宿った子供が巻き起こす、悪魔対人間の戦いをダイナミックに描いたオカルトホラー。

ワケのわかんない家族登場。まるで他人みたいな愛情も何も感じない会話の変な家族(爆)
妊娠したジェシカのお腹に宿っているのが悪魔とやらで。
しかもそのジェシカがおかしな行動をしたり、どんどん変になっていく…ていうか、何ぢゃこりゃ~!?エクソシストのパクリ?(笑)
右目の眼球だけがぐるぐる動いたり、口からドロドロした緑の液体が出たり、顔は腐ったみたいに汚くなるし…この女優さんもこんな役したくなかっただろうな…なんて考えてしまう私(笑)

2006.04.11 Tue ダークブリード

アクエリアスとやらが墜落。乗っていたNASAの隊員が奴等に冒された?…あ、これってよくある系だ(笑)
何だかわけわかんないけど昔の作品ってコトでよく見ずに借りてみたんだけど。
…で、体を乗っ取られた5人が逃亡。そいつらを追いかけやたらと長いカーチェイスが始まる。しかも逃げられる(爆)
でも、面白い事に体を乗っ取られつつも、奴等が休んでいる間は普通の人間に戻り意識はあるという。完璧なエイリアンになっているわけではないところが面白い。
つまんない作品か?と思いつつ見ていたものの意外に変化するシーンは「うおっ」って感じで楽しい(笑)

2006.04.10 Mon イン・ハー・シューズ

イン・ハー・シューズ弁護士として活躍する姉のローズとは反対に、人に誇れるようなキャリアや資格もなければ学歴もないマギー。
彼女の唯一の自慢は、グラマラスなルックスだけだった。若さの賞味期限は決して長いものではなく、遅ればせながらそのことに気づいたマギーは、ようやく自立への第一歩を踏み出す。つまづき、傷つきながら、自分のみじめさを噛み締めるマギー。
唯一の理解者だった姉とも対立し、居場所をなくしたマギーが向かったのは、祖母の住むフロリダだった…



きゃ~!待ってました~!!って感じで。
大好きなキャメロン・ディアスを見るために借りて見ました(買えよ・笑)
姉妹愛っていうの?すごく良かったです^^
涙あり、笑いあり…そしてラストには心がすごく暖かくなれるそんな作品でした。

スタイルよしルックスよしの妹。逆に頭は良いけれど心を開かない姉。喧嘩をしながらもどこかでお互いを必要としている。
難読症であるマギーにゆっくりでいいから誌を読む事を教え、誉めてくれた施設のおじいちゃん(名前忘れちゃった)そこからマギーが変わっていくところが良かった。

2006.04.06 Thu Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディションジョンとジェーンは運命的な出会いを果たしたのち、電撃結婚をしてMr.&Mrs.スミス(スミス夫妻)となる。
だが、2人は互いに最も重要な秘密を明かしていなかった。実は2人の正体は別々の組織に所属する超一流の暗殺者。やがて互いの正体を知った2人は、自分のターゲットが愛する夫であり妻であることを知る。2人は互いに愛し合いながらも、想像を絶する凄まじいバトルを展開していくことになる…



話題の2人なだけに、違う視点でこの作品を楽しめました(笑)

ていうか。
かなり派手に喧嘩しちゃったりするし(内容が内容なだけに・笑)ジェーンはアンジーが演じているからこそかっこいいし!!

どちらかというとジョンのほうが力は強いけれど、性格的には弱い感じがした。尻に敷かれてる…確かに(爆)
アクションは本当に楽しめました。ありえないけれど似合ってます…2人共。
お互いがスパイである事を知ってからが、心を開いていくようになってるし。見ていて楽しい。
嘘をついて生活をしているとお互い息も詰まるし、長続きしないと思う。しかもよく5年以上もよく我慢出来たもんだ!偉い!!(爆)

2006.04.06 Thu SAW.ZERO

SAW.ZERO失踪者が多発しているという謎の村の調査に向かった三流タブロイド紙の記者フラヴィアン。
ひとまずはカメラマンと老夫婦の経営するホテルにチェックインしたが、間もなくカメラマンは蒸発。しかもホテルの支配人は全くの別人となっていた。何もかもが突然に様変わりした村の中で、カメラマンを捜索するフラヴィアンだったが…


…パ、パクリ?(笑)
パッケージがいかにも。
UFO?幽霊?ま、いいか。とにかく霊感の強い主人公。何だか見るからに気味悪いホテルだし、何かありそうな感じで。ずっと見ていたら意味がわかんなくなってきて、先が少しは読めるものの何故にこんな事するようになっていったのかがこれまた意味不明に( ̄▽ ̄;)

…クローン?(爆)

2006.04.05 Wed フォレスト・オブ・ザ・デッド

フォレスト・オブ・ザ・デッドバイオ技術を用い効率的に大量の植林を企てた多国籍企業。しかしその計画は失敗し、従業員や環境団体の人々がそのバイオ技術の影響を受け、ゾンビ化してしまう。
彷徨う大量のゾンビから逃げ惑うわずかに生き残った人々。彼らはその森から逃れることができるのか?



小屋みたいな場所に立てこもるのはいいんだけれど、ゾンビが外にうようよいるのに大声出して喧嘩し合う人達。
おいおい、ゾンビが聞いてるぞ。食われるぞ(笑)

凄い事に、これゾンビ化するのが異常に早い。
GX1134というわけのわかんないもののせいで、木に影響するハズが人に悪影響(笑)
ルークがゾンビになったのが辛かった。そこだけ心が痛んだ。カーターの大馬鹿野郎って感じ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。