Sideway

Home > 2006年06月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.30 Fri シン・シティ

シン・シティ スタンダード・エディション犯罪以外は何もなく、救いさえもないシン・シティ。その屈強な肉体と醜い容姿のせいで、誰からも相手にされない仮出所中のマーヴに一夜の愛を注いでくれたのは、高級娼婦のゴールディだった。
だが、彼女は何者かに殺害されマーヴにその罪が着せられてしまう。ゴールディの仇討ちを誓ったマーヴは、なじみのストリップ・バーで追っ手を迎え撃ち、ゴールディを殺した犯人と、その黒幕を追っていく…



…こ、これは!!何という映像だ; ̄ロ ̄)!!
劇場で観たかったけれど、観れず…今回はDVDを購入しての鑑賞。
荒々しいのは好きなほうなので、何も考えずに見て楽しめました。
マーヴが凄い…飛ぶし力は強いし凶暴だし…でも、悪い人ではないからこ~いうの好き(笑)
見ていくうちにハーティガンが出るのは序盤のあれだけ?って感じでちょっと少ないぞと思った私。…でも後へと続きがあったんだね。
モノクロだからいいけれど、これが実写だったらこれって凄くグロイと思う、この作品。まぁ、どちらでも私は見れるからいいけれど(爆)

スポンサーサイト

2006.06.26 Mon パニック・フライト

パニック・フライト スペシャル・エディション一流ホテルのマネージャーとして働くリサは、勤務地であるマイアミへ戻る飛行機を待つ間、優しい男性リップナーと知り合う。
リサたちの飛行機は無事に離陸したが、彼女の隣に座ったリップナーの正体は、国家要人暗殺チームの一員だった。リップナーは計画遂行の鍵を握るのはリサだと迫り「協力しないと父親を殺す」と脅す…



監督はウェス・クレイヴン。
でもって、キリアン・マーフィがリップナーの役。
これは劇場公開されるのか?と思っていたんだけれど、いつの間にやらレンタルされるのが決まっていたので「あれれ?」って感じだったけど。
キリアン・マーフィやっぱり似合う悪役。
優しい顔してるのに本当に悪い人(笑)
これ、怖いのは飛行機の中で助けを求めたくてもどうにも出来ない状況が怖い。どんな手段でもいいから誰かに伝えたくとも、側でちょろちょろと側にリップナーがいるからどうする事さえもできない。

2006.06.26 Mon エイリアン・シューター

近未来の世界は、全宇宙にエイリアンが生息していた。
宇宙に生息するエイリアンとハンターたちの究極のデスバトルを描くSFアクション。
血を啜り、死肉を喰らうエイリアンたちは、食物連鎖の頂点に君臨しようと猛威を振るう。奴らを退治する為に集められたハンターたち…



序盤からグロイ映像。
いきなりか?って感じでこの先不安な期待少し(爆)

ハンター仲間の中にヴァンパイアの女が1人いるのが妙な感じ。
レザーフェイスとか出てきたのには笑えるんだけど。
主人公だと思っていた船長はすぐ死ぬし。ジェイク・ギレンホールに似た奴が何故か副長になっちゃってるし(笑)
中盤ちょっとドラマのような感じになって退屈だったけれど、4人しかいない割にはそれぞれのキャラがあって面白い。

2006.06.23 Fri 死亡特急

修行院で静かな祈りの日々を送る修行僧ラスコ。ある日先輩の修行僧、マチウスとグラウディウスとともに聖なる地ルルドへ向かうことになった。
ルルド行きの列車は修行僧や尼僧、ミサを求めた巡礼者たちで溢れていた。そんな時、教皇庁より大量殺戮可能な殺人ウィルスを強奪した犯人たちが、姿を隠すため修行僧に扮し巡礼列車にまぎれ込んだと、マチウスとグラウディウスのもとに知らされる…



この作品。
ハムナプトラ、24シーズン4のアーノルド・ヴォスルー(言いづらっ)が出てます。顔は怖いけど優しそうで好きなんだけどね、でもやはり今回も悪役(笑)

この作品…面白い。

序盤からカーチェイス&爆破はあるし、何より退屈な感じが全くしない。
盗み出された殺人ウィルスに感染すると大変な事に…。しかも、そのウィルスは犯人らと共に列車に…
よくあるパターンだけれど、これはドキドキして面白い。
列車の上でラスコが闘うシーンとか、これはカッコイイ!!ていうか、このラスコ役の人が気になって仕方ない。顔もいいし、武術もいい(笑)

2006.06.22 Thu ヴァンパイアX

母の敵を討つため警官になった青年が、トンファー、弓、銃、そして鍛え抜かれた肉体でバンパイアに報復する…

これは一体誰が主人公??と悩む。
デレクって黒人が主人公か…そっか。
スロバクって奴がなんで強いんだ?どう見ても弱そうにしか見えない。

これね、本当に話が長い。
早く凄いシーン出てこないか?と退屈になる。
しかも重い!重すぎ!!

2006.06.22 Thu レジェンド・オブ・ゾロ

レジェンド・オブ・ゾロ コレクターズ・エディション1850年代アメリカのサンマテオの町では、カリフォルニアを州として格上げするための、住民投票が行われていた。
住民たちの投票を妨害をする者も現れるものの、ゾロの活躍により投票は無事に終了する。だが、その後すぐにゾロの妻エレナが襲われた。やがてエレナは、愛する夫を守るために自分を襲った男の計画に協力せざるをえなくなる。
その計画の背後には、実は恐るべき秘密結社の暗躍があった…。



これは何も考えずに見られる作品。
今回は何といっても、子役です!ホアキン君が父親似?で勇敢というか何というか…血をひいてる(笑)

とても可愛かったです^^

ゾロは強いのか?弱いのか?ちょっと考えてえてしまう場面もあったけれど、エレナは相変わらず強かった!!ほんと、いつ見てもゴージャスです…キャサリン。

2006.06.22 Thu バタリアン2

バタリアン2軍のトラックがゾンビ・ガスを運送中、ドラムカンを落して走り去った。ジェシーら3人の少年がそれを見つけ、ジェシーを除く2人がカンを叩き、もれたガスを吸い、やがて変身。
ガスは墓場へも流れ出し、雨が降ってガスは地中へ…そして死人が甦えった。



ひさびさ見ましたよ。バタリアン2!!
いやぁ~。
私はやっぱこの作品は好きです(笑)

何といっても忘れかけてたんで、見たんだケド。

ホラーの中にも笑いあり…みたいな。
前作もいいんだけれど、今作も好きな感じかな?
「お前の脳ミソ 喰わせろ~」っちゅ~のもいいんだけれど、地面から這い出てきたゾンビが眼鏡を探してかけたり、胴体が真っ二つになったゾンビが上半身だけで動いてたり、切れた手だけがあちらこちらに動いてたり…
そ~いうのが結構好きなんです…私(笑)

とにかく…バタリアンは大好き^^

2006.06.03 Sat THE THING ザ・シング

thi.jpgダニーはアメリカ北部の大森林地帯で働くレンジャー隊員。親友を事故で死なせた彼女は、その痛手から立ち直れずにいる。ある夜、同僚で恋人のジャスティンと共に山奥の監視塔にいたダニーは、謎の敵に襲撃される。車と無線は破壊され、逃げることも助けを呼ぶことも出来ない。この山で一体何が起きているのか?救助を呼びに山を下ったジャスティンも犠牲となり、1人だけ取り残されるダニー。

謎の何かが現れるまでの間…まるでドラマのような感じ。
親友を死なせてしまい落ち込んでいるダニーのシーンがちょっと長い(汗)
その謎の何かがやっといい加減に出てくるけれど、これは…エイリアンのようなプレデターのような…な、何??

面白いのは主人公は絶対に殺されない。
彼氏はすぐに死んだのに(笑)

2006.06.03 Sat フルスピード

フルスピードベンは天才的なドライビング・テクニックを持ちながらも、とあるきっかけによって救命士の仕事をクビになってしまう。
彼が得た次の職は、美しき社長夫人のお抱え運転手だった。その初仕事の日、ベンの運転していた車が突如猛スピードで走り出してしまう。制御不可能となった車。ベンは車が何者かによって遠隔操作されていることを知る。ベンは社長夫人と共になんとか脱出しようと試みるのだが、車内には爆弾まで仕掛けられていて…


ドイツの作品。
カーアクションは大好きで面白そうだったので借りてみた。
ちょっとお決まりっぽいと言えばお決まりっぽいストーリーではあるけれど…まぁまぁ面白かった。
ベンの車椅子の友達の存在がすごく良かった!!
社長室に入るシーンから私1人でドキドキもんでした。バレる、バレちゃうよ~!ってな感じで(笑)
彼がいなければ、この2人は黒幕が誰なのかも分らずに車に乗ったまま死んじゃってたし(汗)
あまりド派手すぎるカーアクションはなかったものの、一応は助手席に乗っているような感覚で見て楽しんでみました。
あんな状況でずっと車に乗ってたら吐く(爆)

2006.06.02 Fri リビングデッド:ザ・ビギニング

ドライブを楽しんでいたジョンとジェニファーは、街外れの森の中でパンクして動けなくなってしまう。
そこで死体のような物を発見し、ジョンが何者なのかを確認しようとすると突然首を噛まれてしまう。振り切って必死に逃げ惑う2人は隠れ家を見つけ避難するのだが、やがて彼の体に異変が起き始め…



…出ました。ゾンビ系。
しかもこれは話が長い上にドラマっぽいゾンビカップルの物語(笑)
人を喰うのは嫌だと言うジェニファーと喰わなきゃ自分達が死ぬというジョン。ていうかさ、どっちにせよ死んでるんだけれども(爆)

人を喰うシーンというのは…ない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。