Sideway

Home > 2007年02月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.25 Sun ルール5

都市伝説ホラー「ルール」シリーズ第5弾。
高校生のエイベルは失恋相手を殺害後校舎で自殺を遂げる。
その10年後、生徒たちは学校で怪現象が起こるたびに「エイベルの呪い」と怖れていた。



自殺したエイブル・フライという男子生徒の呪い?
なわけないよな。こういうのって( ̄▽ ̄;)
でも、その呪いとやらで気が狂って変になってるとゆうのもなぁ…。怖さのあまりそういう風になってしまったのか?(とにかく謎)

それはそうと。これは家族ぐるみで学校に潜入捜査?まるでスパイキッズだぞ(笑)

スポンサーサイト

2007.02.25 Sun スーパークロス

スーパークロス豪邸のプール掃除で稼いだバイト代をバイクの改造につぎ込むカーライル兄弟は、亡き父が果たせなかったスーパークロスのチャンピオンになるという夢を引き継いでレースに出場。
堅実にレースをする兄KCと天才肌の弟トリップ。
兄のKCはプロ・チームからスカウトされるが、良きライバルでもある最愛の兄から取り残されたような思いのトリップは、嫉妬にかられて自暴自棄になる…



仲の良い兄弟だけど、兄と全く違うタイプの弟。悪ガキって感じ(笑)
ストーリーは置いといてレースシーンを見たいと思って借りたんだけれど、これストーリーも気になってくる。
あのターミネーターのロバート・パトリックも出てんだよな!これが!悪い人かと思ってたらいい人だった(笑)

ラストのレースシーンなんて私は画面に釘付けになって「このやろ~」「抜いてやれ~!」…と、1人はりきってしまった。自分が乗ってるワケでもないのに(笑)

2007.02.23 Fri 呪い村436

呪い村436地方のとある村。
そこでは436人しか生きることを許されない。
新たな住人が来ると必ず誰かが死ぬというその村で、村人たちは自分が生き残るため生贄を求めるのだった。



最初に言っておきますが、パッケージだけを見てホラーだと想像してはダメです。こりゃ、サスペンスです(笑)

…まず。
疑問なのは何故に436人?ってコトだよね。
まぁ、理由あってのことだとは思うけれど。
スティーブが来たってコトで生贄求めるのはいいけど、果たしてそれはどんな事をするのか?それが気になるところ。
でも、生贄と言っても人を無理矢理皆で殺すとかそういったものではなく、人が1人増える度にいきなり誰かが熱病になったりする。ん?でも1人目は確か逃亡しようとして車が横転して死んだよな?

ってことは、どうゆうこと?と悩む。

見ていくうちに気色悪いって言うか何ていうか。
よく考えたら、スティーブがもし調査を終えてこの村から出るってコトは出来ないんじゃ?何といっても436人でなければいけないっていうのもあるし、1人人口が増えても誰かが死ぬってコトよね?
う~ん。以前見たホラーでは、死んだら看板の人数が増えていくってのはあったけど、これはそのままの人数を維持するタイプな作品か(笑)

2007.02.23 Fri 地獄の変異

地獄の変異ルーマニア・カルパチア山脈の奥深くに永きにわたり封印された巨大洞窟が発見された。
探検隊による探索が開始され、順調に地下深くへと進んで行くが、途中で隊員の1人が姿を消してしまう。そして隊員たちの前に現れた想像を絶する生命体。隊員たちは無事に、生きて地上へ戻ることができるのか?



…く、暗い。しかも姿が見えない(笑)

洞窟ものの映画でいつも思うのはその暗闇の中の静けさと怖さ。
中でも私がドキドキしたのはジャック。
何だかよくわからないけど、寄生生物?とやらに感染していきなりどんなモノになってしまうのか?と自分の中で妄想が広がって怖いのを期待して、しかもそれが見たくてたまらなくて(笑)

でもおかしいんだな、コレが。
寄生されてるハズなのに助けようと思ってるのか何なのか?アレックスは兄のジャックを信じついていく…

2007.02.13 Tue サバイバル・オブ・ザ・デッド

サバイバル・オブ・ザ・デッド大勢の人間を殺害した罪で処刑された1000年前の騎士ニコスが現代に甦り、再び惨劇を繰り返す。


いい加減にしてくれ~!!

何だ?これは!!

とんでもないもの借りてしまった(笑)

ニコスとやらが復活して、人を殺していくんだけれど。
それも室内で。
何もこんな場所を選んで撮影しなくてもいいのにって感じで(爆)

切って切りまくるのはいいんだけれど、つまんねぇ~(笑)

「逃げろ!」と言いつつみんな口だけで走りもしないし。
ダメだこりゃ( ̄▽ ̄;)

2007.02.13 Tue ザ・ケイヴ

中央アジアの広大な砂漠キジルクム。
カザフスタン側からこの地へ足を踏み入れた男女8人のチームは、目的の巨大洞穴へと侵入を開始した。ケーヴィング(洞窟探検)の技術に習熟した彼等は、数十メートルはある縦穴を垂直下降し、続いて横穴へと進む。
好奇心いっぱいに闇に閉ざされた未知の空間を行く彼等だったが、やがてガイドの1人が何者かに惨殺されパニック状態に陥ってしまう…



あんな場所にあんな洞窟…私も行きたい!!(笑)
ていうか、とても入りたくなるし。何があるのか興味がある。
でも…
すぐには洞窟に入らずその前にキャンプをすると言う。
キャンプの時に話をし始めたらいきなり暗くなり暗い話になって、言いたくないのにまるで聞いて欲しいような感じ。それで「何でもない」だと。

だったら最初から変な話すんな~!!(爆)


洞窟へと入っていくんだけれど、1人、また1人何者かに殺され、しかも入り口は岩で塞がれ残されたみんなはパニックになる。

2007.02.06 Tue ザ・センチネル 陰謀の星条旗

ザ・センチネル 陰謀の星条旗シークレット・サービスのベテランエージェントとして活躍するピートは、誰にも明かすことのできない大きな秘密を抱えていた。実は彼は、大統領婦人のサラと愛し合う関係にいた。
そんな中同僚が射殺され、事件が片づかないまま、大統領暗殺計画の情報が…。ピートは真犯人の罠にはまり大統領暗殺計画の汚名を着せられる。



キーファーを見てしまうと
どうしても
ジャック・バウアーにしか見えない(笑)

主人公はマイケル・ダグラス演じるピートだぞ(ぷぷっ)

正直普通なアクション。
しかも、最初から誰が怪しいのか?犯人が誰なのか?…すぐ見当ついてしまう。サスペンス+アクションって感じだけれど、そんなにまで緊張感がない。

でも、マイケル・ダグラスはいい味出してる(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。