Sideway

Home > 2007年04月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.26 Thu カオス CHAOS

カオス<CHAOS> DTSスペシャル・エディションアメリカはシアトルの銀行を強盗団が襲撃し、人質をとって立てこもる。
強盗団のリーダーであるローレンツは、ベテラン刑事のコナーズを交渉人に指名。コナーズは謹慎処分中だったが、新米刑事デッカーとコンビを組み現場に復帰する。
コナーズはSWATと共に強行突破を試みるが、乗り込んだ瞬間にビルが爆破され、犯人たちは混乱に紛れて逃亡する。だが、金庫からは何も盗まれた形跡がなく…



いや~面白かったです。
ラストが気に食わないけど(笑)

序盤のシーン~中盤。そして中盤~ラスト。
作品に引き込まれます。しかも「謎」
ラストで「まさか?え~?」と思わせる。

難しく悩みすぎて、私は日頃使わない頭をちょっと使ってしまった作品でした(爆)

スポンサーサイト

2007.04.22 Sun スネーク・フライト

スネーク・フライト森の中で、偶然マフィア組織による殺人事件を目撃したショーン。
目撃者として保護されたショーンは、ロサンゼルスの裁判所で証言するため、FBI捜査官のフリンと共にロサンゼルス行きのジェット機に搭乗した。
だが、組織はショーンの証言を阻止するため、毒蛇という暗殺者を機内に送り込んでいた。やがて毒蛇が機内に解き放たれ、高度1万メートルの密室で、フリン捜査官と乗客たちの命がけの死闘が始まる…



ひゃ~!凄いです~!!
あちらこちらに蛇ですよ!!蛇!!
序盤の殺人現場のシーンから「うぎゃっ」て感じだったけれど、飛行機に乗ってからがもの凄い。
この間見たデッド・フライト(ゾンビ)もドキドキで、機内でゾンビいるんじゃ絶対助からないなって思ったけれど、今度の相手は蛇。蛇じゃ~余計に助からないな…って思う。

まず。小さくて素早いし、噛まれたらすぐ死にそうだもの。ゾンビに噛まれたら同じゾンビになるから死人としては生きられるけど(ォイ)

あ、話が反れちゃったけど
この蛇の数がもの凄いんで、ちょっとご紹介。

2007.04.21 Sat アクセル

アクセル何でも運ぶベルリン・エクスプレスのドライバー、デヴィッドの車に突然美女が乗り込んできた。
彼女はララと名乗りドイツ連邦警察の指令でロルカという暗殺者について捜査中なのだが、逆に命を狙われるようになってしまったと告げる。
デヴィッドの車は激しい銃撃を受け、怪しげな車に次々と襲われた。だが、実は彼女こそが殺し屋のロルカだったのだ…



まぁまぁかな?
カーアクションはいい感じに面白かった。

ロルカって女に利用されたデヴィッドが本当に最悪。
警察も何でちょっとでいいから疑う事知らないんだろう。「違う」って言ってんのに(笑)

上手い具合にデヴィッドを利用したロルカの頭は凄いけど、所詮素人にはかなわないんだぞ!ってコトで。映画だからね(笑)

2007.04.20 Fri インビジブル2

インビジブル2軍によって体を透明化された元特殊部隊の兵士が副作用で凶暴化し殺人鬼となってしまう。
そして、関係者を次々と殺していく…



なかなか面白かったです。
フツーに。

"見えない"からこそスリルがあって楽しいけど。


前作とは比べられないけれど、今回これはこれで普通に楽しめたかな…と。
クリスチャン・スレイターの登場が最初と最後だけ?なんだかちょっと可哀相な気も(笑)

2007.04.20 Fri サイレントノイズ

サイレントノイズ建築家のジョナサンは、最愛の妻アンナの事故死という不幸に見舞われた。
悲しみに暮れるジョナサンの前に、やがて謎の男が現れEVP(電磁音声伝達現象)に録音されたアンナの声を聞いたと告げる。EVPとはAV機器に異界からの声が録音されるというもので、ジョナサンは本気にしなかった。
だが、ジョナサンの周囲でEVPに関わった人々の突然死や怪奇現象が続発するようになる。そしてジョナサンもEVPの謎にのめりこんで行くが…



(ー”ー;)うーん
何だろうな?最初は興味津々で謎でストーリーに引き込まれていったんだけれど、中盤からはアンナは置いといて、ジョナサンの人助けが始まっていった感じ。

確かに死者と交信?できるのは凄いけれど、結局はそのメッセージを聞き続けてしまったら…最後はどうなるのか?予測がつく。

突然死んでしまった者が何故亡くなってしまったのか?
辛いけれど、悲しいけれど、それが身内であれば当り前にそれを知りたいではあるよなぁ。

2007.04.16 Mon ボーンシックネス 最怖ゾンビ軍団襲来

謎の奇病に冒され、自宅療養を続けるアレックス。妻・クリスティンは友人から貰った薬を夫に飲ませるが、病状は一向に回復しない。アレックスの体には蛆虫が湧き、次第に醜悪なゾンビと化していく。
次々と人に感染して街中がゾンビ一色に。地にあふれる死者vs特殊部隊の死闘が始まる…



ぎゃ~~~!!
やってしまいました~!!

…Z級?( ̄_ ̄|||)

蛆虫&ひたすら内臓引っ張り出し、喰う。
そのシーンが多いです。

でも、アレックスの必死の演技にただただ拍手。口から吐き出すミミズの演技は監督に「お願いします、やってください」と言われても私ならイヤだ(笑)

2007.04.16 Mon

ヒッチコックの最高傑作を、最先端のVFXで再現した注目のアニマル・パニック大作。
ベルリン郊外の農村で続発する家畜の変死事件。獣医のアレックスは無惨に引き裂かれた牛の死体を調べ、それがカラスの仕業であることを知る。
調査を進めた結果、知能を高める新薬によって実験動物のカラスが凶暴化し研究所から逃走していたことが判明する…



やっぱりヒッチコックの「鳥」がいい。
あれはほんとにじわじわと怖かった。

まぁ、この作品も確かにたくさんのカラスが出てくるけれど。
そんなに人を襲うという印象はなかった。
そういう怖さはなかったけれど、あのまま増えていくと考えたらその先が大変そう。

もともと頭の良いカラス。
そのカラスにあんな薬を投与したら…もっと頭が良くなって人間の考えている事なんてお見通しだな、ホント。

2007.04.13 Fri Knock Knock ノック・ノック

リコは、近所でも評判の愛すべき少年。だが、父親が葬儀屋であるためリコは学校の人気者グループから気味悪がられていた。リコは学校から帰ると、父親の仕事を手伝っていた。そんなある晩の学校集会の後にクラスの同級生たちがリコにいたずらを仕掛ける。
やがて学校では、不可な殺人事件が続発するようになり、無残な殺害現場にはKnock Knockのサインが残されるようになる…



何だこれ?
最初は意味不明( ̄▽ ̄;)

でも、ラストに近づいてきてやっと意味がわかってきた(笑)

マスクしてるから誰?って感じだったんだけれど、序盤~中盤まで意味のわかんない内容のままで。しかも、最初から上手い具合に犯人をトロイに見せかけるなんぞ紛らわしいっちゅ~に。
殺され方は酷いし、意外によく出来てるものもあったけど。ただ、画面をぶらしたり見辛くしたりってのは…い、いらないな(爆)

2007.04.13 Fri ネメシス・ゲーム

女子大生のサラは、奇妙なゲームにはまっていた。
地下鉄の壁に書かれた謎めいたクイズ。クイズを解き壁に答えを書く。するとまた次のクイズが表れる。一定量の問題を解くと、この世界の謎が解き明かされる。
それはマニアがネメシス・ゲームと呼ぶ、一種の都市伝説だった…



意味が分からない(笑)
連鎖するってコトは知ってるけど、内容は全く意味不明なんですけど、誰か知ってたら教えて下さい(爆)

レビュするにも出来ないですね。コレ。
何が言いたいのでしょうか?

2007.04.02 Mon 機械じかけの小児病棟

機械じかけの小児病棟イギリスのワイト島にあるマーシー・フォールズ小児病院は老朽化のために閉鎖されることになったが、病院の近くで大規模な鉄道事故が発生し病院の閉鎖が延期される。
患者の少年サイモンが原因不明の複雑骨折を負うなか、臨時で雇った夜勤看護師エイミーがやってくる。やがてエイミーは、難病を患う少女マギーからシャーロットという霊の存在を聞く…



感想は…というと、なんだか愛…ですね。
ラストなんて何故だか涙ホロリでしたよ、私(笑)

雰囲気も暗さも音もさすがに怖かった。
どこからか突然出てくるかも?というドキドキ感と見ているだけでも痛々しい医療器具とか(変な期待している私)

序盤のサイモンの骨折れシーンはさすがに痛かった!
大人でも痛いのに、子供はもっともっと痛い!!

しかも、2回も折るんじゃねぇ~!!

閉鎖寸前の病院ってのが、いかにも霊がいる場所なわけで。2階に何かが…と聞くと怖いけど見たい気がして仕方ない私(笑)

2007.04.02 Mon デッド・フライト

正常に飛行をしていたロサンゼルス発パリ行きのボーイング747。
乱気流に巻き込まれ、その衝撃で倉庫のコンテナが崩れ、蓋が開いてしまう。中から現れたのは、何とゾンビだった。
乱気流で混乱する機内に大量のゾンビがなだれ込み、人々を襲い始める。最悪の状況の中で乗客たちは必死の抵抗を試みるが…



これね。
中盤までは話しが長くて退屈だったけれど、徐々に楽しくなってくる。
あんな逃げ場のない飛行機の中でゾンビに襲われたんじゃ~

助からないに決まってる(笑)

まさかの機長。
活躍するかな?と思ってたのにちょっと頼りなかったから残念。

2007.04.02 Mon ウェイクアップ・デッドマン

フランスの静かな街に、ある朝大勢の人々がなんの前触れもなく流れ込んできた。
行政の調査により、彼等が生前の姿のまま蘇ってきた蘇生者(死者)であることが判明する。呆然としながらも、事態の収拾のために、街は彼らを受け入れることを決定する…



え~っと。これはドラマ?(爆)
大勢の死者が蘇るとなると、ついついゾンビを意識してしまう私。なんだか静かな雰囲気のヒューマンドラマでした。

そりゃ~
いきなり死んでしまった者が生前と変わらない姿で生き返ってきたら驚いて固まってしまうのが先だと思うし、ワケがわからなくなってどうしていいか困るハズ。
何だか生きている者が死者に対してとても気を使っている感じだった。
…つ、疲れそうo(- -;*)ゞ

2007.04.02 Mon テキサス・チェーンソー・ビギニング

テキサス・チェーンソー・ビギニング アンレイテッド・コレクターズ・エディション (初回限定生産)食肉処理工場で生まれ、身体に障害を持つその赤ん坊は、生後間もなくゴミ箱に捨てられる。
そこに1人の女が現れて赤ん坊を発見し、自宅へ連れ帰る。赤ん坊はトーマスと名付けられ女とその夫が住むヒューイット家で育てられることになった。
幼い頃から残虐性が目立っていたトーマスは、やがて長年勤めていた工場閉鎖のショックから工場長をハンマーで殴り殺してしまう。しかも、捜索に来た地元の保安官まで殺害してしまい…



どんな感じかな~?なんて思い見ましたが…

とにかく酷い&グロい。
血が凄いわ痛々しいシーン盛りだくさんで。気の狂った変態家族!!(どう言えばよいのか?もぅ人間には見えない・笑)

トーマスの出生・何故チェーンソーなのか?そういうのとか分ったけれども。ただ、これはどうだったかという内容や感想より、とにかく怖かったです。
チェーンソーってあんなによく切れるんだ?
あ。でも実際あんなの目の前にした人の事考えたら笑えないけど(汗)

2007.04.02 Mon ヘルゾンビ

クライヴ・バーカー ヘルゾンビある日、突然世界の子供たちが原因不明の昏睡状態に陥ってしまう。
それから長い月日が経ったある日、その子供たちが蘇り次々と大人たちを血祭りに上げていく…



子供達が急に昏睡状態になり、10年間意識がなかったっちゅ~のが凄い。
目覚めたら20歳だよ、ど、どうする?(笑)

いきなり起き出して大人たちを襲いだすという。しかも集団だからすごい怖い。これ、ホラー見てるより怖いかも。
いつどこから出てくるのか?ってドキドキ感がたまらない(笑)
すっごい力なんだよね、彼等。一体どうなってんの?一斉に昏睡状態になったってコトは、エイリアンの仕業?何??って感じで。

2007.04.02 Mon ホステル

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版刺激を求めバックパッカーをしながらヨーロッパを旅するアメリカ人大学生ジョッシュとパクストン。
途中、旅先で意気投合したアイスランド人オリーも加わり3人は各地の快楽街に入り浸る旅を続けていた。そんな時、東欧の田舎町にあるホステルには男たちが求める快楽がすべて手に入るという噂を耳にする。
期待を胸に3人はその噂のホステルへ向かう。



きぇぇぇぇぇ~!!ってな感じのシーンを期待しすぎて

正直…でした。

私が「うぇっ」と思ったのは日本人のカナの目でしょうか。
でもって、何気に笑えちゃったのは私だけ?(汗)

友達はパッ!と消え、妙な女は相変わらずチョロチョロするし。楽しみに行ったハズが、恐ろしい目にあう。
まぁ、楽しんだんだから自業自得でもあるかな(笑)

最初に助けてくれたアイツがそうだったのかって感じで。

2007.04.02 Mon ミシガン・チェーンキラー

心理学者のバレンが大学生たちを離島に招待する。だが、島には謎のシリアル・キラーが潜んでいた。

確かにハナシがとてつもなく長くないのはいい。
次々に殺されていくのは至ってシンプル。

森?の中のような暗い場所に何故か入っていき、自ら殺されに行っているかのような学生達。
ありゃ?
みんな殺されてしまったか?もう続きがないかもだな。

と思ったらまだ学生が残ってた(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。