Sideway

Home > 2007年08月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.31 Fri PARIS 2010 パリ大洪水

パリ関係当局機関の全面協力を受けパリ大洪水をリアルに再現したディザスターパニック。
2010年冬、欧州北部では2週間も雨が降り続いていた。やがて、パリから遠く離れた支流の流量は危険数値に達し本流であるセーヌ川に一気に流れ込み…



最初は意味が分からないままパッケージの裏だけパッと見てパニックアクション映画だと思い借りました。
…が。
2010年にパリが大洪水になったらどうなるか?って事を再現した作品。
でもね、これ実際にそうなったらどうすればよいのか?それを防ぐにはどうすればいいか?と考えさせられる。

スポンサーサイト

2007.08.29 Wed レストストップ デッドアヘッド

レストストップ デッドアヘッド 無修正版ニコールはボーイフレンドのジェスと共にテキサスからハリウッドを目指して旅に出た。
2人の気楽な長旅は、道を外れた休憩所で悪夢と変わる。
ボーイフレンドが突然消え、休憩所に取り残されたニコールは、黄色いトラックに乗った不気味な男の出現によって恐怖にさらされる。男が仕掛けた危険なゲームに、自分の生存本能と頭脳で立ち向かうニコール。やがてかつてない恐怖の魔の手が迫る…



途中で警官との話が長くなければ、個人的には好き系な作品(笑)
もちろん
逃げ出そうと思えば頭を使えば逃げられるんじゃないか?って思えるシーンもあった。
私だったら別の方法を考えて闘うかも。歩いて次の休憩所までって考えるのは絶対ムリ。途中でへろへろになって死んでる(笑)

指を噛んだシーン、舌が切られるシーンは「うぉっ!」て感じ。
車から出たまさかのジェスだった所も予想外にオドロキ。そうくるか!って感じで。

2007.08.29 Wed ステップ・アップ

ステップ・アップボルチモアの貧しい家庭で育った高校生のタイラーは、夢を持たない落ちこぼれだった。
ある事件をきっかけに地元の芸術高校で奉仕活動をすることになったタイラーは、そこでバレリーナという夢に向かってひたむきな努力を続けるノーラと出会う。
生まれて初めて努力することの意味と尊さ・夢を持つことの素晴らしさを知ったタイラーは、ノーラに触発されてダンスに目覚める。やがて2人は、新しいダンスを作り出していく…



ストリートダンス+バレエ。
…ん?バレエ+ストリートダンス??
どっちでもいいや(笑) 個人的に よかったです!

ストーリーとかほろりとする場面もあるし、何よりもダンス好きなので楽しめました♪
「ユー・ガット・サーブド」もお気に入りな作品なんだけどね。
音楽もいいし、普通に見ていて飽きない。

夢は諦めてはいけないのだ!!

2007.08.29 Wed ハンニバル・ライジング

ハンニバル・ライジング1952年。リトアニア。
ハンニバル・レクターは、戦争で家族と死に別れ記憶の一部を失っていた。やがてレクターは、ソ連の孤児院での厳しい制裁から逃れるため、唯一の血縁であるパリの叔父を訪ねる。彼を迎えてくれたのは、美しい日本女性レディ・ムラサキだった。
そこでレクターは、後の彼の人格形成に大きな影響を与えることになる。
ある日、彼女が侮辱を受けたことをきっかけに、彼の封印されていた闇の扉が開き、内なる狂気が目覚めはじめ…



劇場で観るつもりがいつの間にかレンタル開始された。
レクターの若い頃。彼がいかにして人喰い殺人鬼となったのかが描れているこの作品。とても興味津々。
最愛の妹ミーシャを失ったのがトラウマとなり、復讐。気持ちは分かるけれど、それが殺人鬼へと変わっていく。ギャスパー・ウリエルの演技が不気味で美しい(笑)

2007.08.29 Wed ブラックブック

ブラックブック1944年。ナチス・ドイツ占領下のオランダ。
美しいユダヤ人歌手ラヘルは、オランダ南部がドイツ軍から解放されたことを知り家族と共に脱出を計画する。だが、何者かの裏切りによって計画が漏れ家族をナチスに殺されてしまう。
復讐のために名前を変え、ブルネットの髪をブロンドに染めてレジスタンス活動に身を投じるラヘル。やがてラヘルはナチス内部の情報を探るためにナチス将校ムンツェに近づき、彼の愛人となることに成功するのだが…


私には難しそうな作品(笑)
…と思いつつ。何故か前々からどうしても見たかった作品。
主人公であるラヘルを演じているカリス・ファン・ハウテンが強く美しい。

この作品で気になったのは
「安易に人を信じてはいけない」という事。

一体裏切り者が誰なのか?それで悩む悩む。
そして、それを知った時にア然。何だかムンツェが可哀相に思えた。いい人だったから余計に。
裏切り者に対して胸がムカムカした。

2007.08.27 Mon のんびり…②

映画はちょっと休憩してます(と言いつつ実は見ていますが・笑)
レビュはまとめてup致します。

でもって、この間の海の写真の続きです。

海&雲の写真を写すのは私の趣味なのです(*^ - ^*)ゞ
たまにはこういうのもいいかな…と。

古宇利大橋です。




このまま車でまっすぐ行くと…




2007.08.22 Wed ゴーストライダー

ゴーストライダーTM デラックス・コレクターズ・エディション エクステンデッド版(2枚組)スタンド・ライダーのジョニーは悪魔メフィストに自らの魂と引き換えに父の命を救う契約を結んでしまう。ところが父はスタント中に事故で死亡。メフィストは癌は治したが、事故でバートンを殺したのだ。ジョニーの魂は悪魔の手に渡ってしまう。
メフィストの息子のブラックハートが地上に姿を現し、地獄を我が物にしようと動き出していた。メフィストは、それを阻止するためゴーストライダーを差し向ける。そのゴーストライダーこそ、ジョニーだった…



フツ~に見てフツ~に楽しめました。
ラストはいかにも続編ありますって感じで見えちゃってたけど。
父親の命を助けるために契約を結んだというか、結ばされたというか…そこから始まるのだけれど。あのバイクは確かにかっこいいよ。でも、ゴーストライダーの顔は怖い(笑)

正義の味方なのか?何なのか?って感じで悩んでしまうけれど、まぁ悪い人を退治するのだから善人ってコトで。

ビルをバイクで上っていくシーン。あれはありえない。どうなってんだ!?
何でもアリだね。こうなれば。

2007.08.21 Tue のんびり…

ここ2日ばかり海へ行ってました。
で、映画はちょっとstopしてました( ̄▽ ̄;)
あ。
でも、この間は劇場で「トランスフォーマー」観ました。
カッコイイっ!!

実は好きなんです、ホラーばかりでなくこ~ゆうのも(笑)



2007.08.08 Wed 案山子男 ~オン・ザ・ビーチ~

案山子男 ~オン・ザ・ビーチ~春休みにビーチへ遊びに出かけた大学生のグループ。
開放的なビーチで悪ふざけのつもりでトウモロコシ畑に立つ案山子にサムを結びつけてしまう。そのまま取り残されたサムは昏睡状態に陥る。
案山子は鋭い斧を携え、大学生たちを次々に惨殺していく…



途中。
ビーチバレーのシーンが長い長い(笑)
でもってお決まりの喧嘩が始まって、それから次々に殺されていく。どうしていかにも案山子男が出そうな場所に行くんだ?

っていうか、案山子男。
何故にトウモロコシ畑でなくビーチに出てくる?(爆)

そのうえ海の中からも出てくるときた!

2007.08.06 Mon HUNT

格安旅行で遠く離れた南の孤島へとやってきた7人の大学生たち。
その島のオーナーはブードゥー教の信者だった。
孤島という閉鎖された空間で、殺戮に巻き込まれる若者の姿を追ったサバイバル・スリラー。



なんだ?コレ( ̄_ ̄|||)

ブードゥー教は別に関係なくてもいいような(笑)
人間の「一番の恐怖」というので殺しをしていくってのは「なるほどな~」って思ったし、それって怖いかもと思った。

序盤は進行が遅くて、中盤~ラストにかけて一気に進んで行くけれど。

2007.08.05 Sun オーディション

オーディション極限の恐怖と苦痛が待ち受ける最狂サディスクティック・スリラー。
映画関連施設があふれる映画の都ハリウッド。この地にアメリカンドリームを夢見てやってきた若者ジェームス達は、ナイトクラブで出会った2人組から秘密のオーディションに招待される。
しかし、そこで彼らを待ち受けていたものは…



まず。
オーディションは別にいいとして。痛いです。
逃げ出そうと思えば、逃げ出せそうな気もするんだけど。

あのパッケージと同じ「目」のシーンがやっぱり痛かったかな?私は。
とことん怖いかなぁ~?なんて思いつつ、そんなにまでは怖くはないんだけれど、あの立場だったら気が狂うかも。
一番気になったのはビデオを撮り続けていたあの2人の女。日本人じゃん!何故にそこで日本人なのだ?(笑)

2007.08.03 Fri 魔女の呪いから生れし復讐のゾンビ ~Dead&Rotting~

山道を走る車。そこには3人の男が乗っていた。
その途中で、悪魔のような男が現れ3人は命からがら逃げ帰った。しかし、ある日3人がバーで酒を飲んでいると、その男が現れる。3人組はその男の不意をついて撃退する事に成功するが、その男は実は魔女が飼っていた愛猫だった…



なんでしょ、コレ?(笑)
魔女が飼っていた猫は息子で、その猫をいたずらで生きたまま煮て殺してしまう。その復讐から3人のゾンビ?が登場!!

いいんですよ、別にそれはそれで。

ただ、ゾンビだと言ってもあまり顔は見せない(ていうか、見えにくい)
いきなり「うわ。出た~!」って感じで登場して、簡単に殺すだけ。どちらかというと呪い玉を作るために指を切ったシーンが痛そうだった感じ(何故か見せないけど・笑)

しかも。

2007.08.03 Fri スローター 死霊の生贄

掃除のアルバイトである館に赴いた6人の学生達。やがて6人は、館に眠っていた古い書物を見つける。それは古代の悪霊を蘇らせる儀式について記された魔道書で、ここは以前子供たちが体を切断されるという恐ろしい殺人事件が起こった「怨霊の館」だった。
偶然にも儀式が行われていた祭壇に足を踏み入れてしまった彼らは、知らぬうちに悪霊を呼び起こしてしまう。こうして学生たちは、1人、また1人と惨殺されていく…



何だこりゃ~??意味不明だ~~!!(爆)
掃除のバイトでしょ?掃除しているようには見えないんですけど~!!
しかも。
これ、パッケージがあまりにも怖いから借りたんですケド~(笑)

主人公?の女は最初から何か知ってたんか?(謎)

怨霊は怖いけどね、ほんと、顔が。
あと、ゾンビとか…ゲロゲロなシーンあったりで。いいんだけれどね、ソレはソレで。でも、無理に笑えなくてもいいのにって感じにさせてくれる。しかもつまんない(笑)

2007.08.03 Fri コベナント 幻魔降臨

レニー・ハーリン コベナント -幻魔降臨-レニー・ハーリン監督作。
魔女狩りで激しい迫害を受けた特別の力を持った5つの家族は、その力をお互いに秘密にしておくという盟約(THE COVENANT)を交わす。17世紀半ば魔女狩りで厳しい迫害を受け、その子孫たちが誓いを立てたのだ。
時が流れ、マサチューセッツ州イプスウィッチにたたずむ名門私立学校に特殊な力を持った4人の学生が居た。ある時、学校のパーティ後に学生の死体が発見され…



まぁ、普通に見るには普通に楽しめるオカルトホラー。
って言ってもそんなにホラーではないような気もするんだけれど(笑)
5つの家族って事だから…じゃ、もう1人いるの?っても思ってたけど、やっぱりか!でも、まさかコイツだとは思ってもいなかった(いつもながら反応の遅い私)

それはそうとこれ内容はいいとして、バトルシーンが楽しい。
何度も飛ばされて すっごいの!(笑)
こんな力持っていたら誰だって使いたくなるのも当たり前。
使いすぎにはご用心だけれど(爆)

2007.08.03 Fri 10ミニッツ・アフター

10ミニッツ・アフター理論物理学者のスチュアート・コンウェイ博士は、時間を10分間だけ戻すことができる携帯型タイムマシンを発明することに成功する。
FBI捜査官のサラは、同僚で恋人のジェイクと共にスチュアートの動向をマークしていた。銀行に向かったスチュアートは、マシンを利用して同じ小切手を2度現金化。実験は、見事に成功したのだが、その銀行は凶悪犯ブリッグスの襲撃を受け、スチュアートは撃たれてしまう…



ロード・オブ~のショーン・アスティンがコンウェイ役。

なんとなく普通に見てて普通に面白かった。
それにしても、こんな小さなタイムマシンがあったらたとえ死んでもすぐに生き返る事ができるからすごく便利。といっても事故でなく病気だったら結局いつかは死ぬんだけれどもね(汗)

10分しか戻せないハズのものがラストではあんなにも時が戻るなんて、これはもぅもの凄いとしか言いようがない。どうやったらできるんだ?(謎)

2007.08.03 Fri ソーラー・ストライク セカンド・メルトダウン

ソーラー・ストライク セカンド・メルトダウン西暦20XX年。ある小惑星が地球に接近していた。
危機を察知したアメリカ政府機関は、核爆弾による惑星爆破作戦を実施。だが作戦は裏目に出て3つに割れた惑星の1つが地球への衝突コースに乗ってしまう。激突寸前、軌道から外れた惑星は地球をかすめ宇宙の彼方へ飛び去ってゆく。人々は胸をなでおろすが、本当の危機は始まったばかりだった。惑星の重力により地球の軌道が変化し、太陽に接近してしまう…



これは大問題だ。
太陽に接近なんてのは、考えただけで怖い。
ただでさえ地球温暖化でどうなるんだろう?なんて思ってしまうのに、地球全体が熱くなってしまったら…なんて考えると、どうすればいいんだろう?って実際悩んで見てしまった。

まぁ、この作品ラストは置いといて。
日頃普通に使っている「水」がとても貴重なものに思えた。
この事で暴動は起きるし、人は次々に火傷のような感じで死んでいくし。

見ているだけで「暑そ~」「息苦し~」

2007.08.03 Fri サタンクロース

クリスマスイヴの日ニッキーは一緒に暮らしている変わり者で発明家のおじいさんから代々受け継がれている「秘密の書」を見せられる。そこには、実はサンタクロースは悪魔サタンの子供で、25日のクリスマスは「虐殺の日」と人々に恐れられていた。
しかし、神様が地上につかわせた天使との賭けに負けたサタンクロースは1000年の間悪事をやめ、クリスマスの日は人々を楽しませるよう約束させられた…と書かれていた。そしてその1000年の期限がちょうど今年切れてしまい…



季節は夏だというのにサンタクロースですよ。
…ん?サタンクロースか(笑)

この作品は勧められたので見てみました。見ようと思っていて全く借りる時間がなくまだ見ていなかった作品です。
お気に入りのシーンは人形劇のような感じのところでした。
ホラーだというので
はりきって見ましたが怖さは全くなかったですo(^^;o)

最初のシーンで煙突から突然ドーン!とやってきて、バカバカしい金持ちの家族を殺してしまうのは何だか気分が良かった(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。