Sideway

Home > 2007年11月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.03 Sat シャドウ

シャドウ殺人の罪で死刑になったエドワード・マーキー。通称“シャドウ”
彼に刑が執行されると何故か監房のロックが全て解除され、囚人による暴動が発生、多数の死者が出る惨事となった。
それから20年後。刑務所から女子更正施設に生まれ変わったこの建物に入所したソリテアは床に刻まれた謎の紋章をみつける。



これ、なかなか面白かった。
思いっきりゾンビ映画ではないものの、ヘンな作品よりゾンビらしかったと思う(笑)

結構おススメ。

アクションあり、グロいのあり。見ていて楽しい。
キャンディマンのトニー・トッド演じるシャドウが不気味に似合っていて、あの顔で笑顔でいられると余計に怖かった(笑)
ソリテア役のカーラ・グリーンはアンジェリーナ・ジョリーっぽくて格好よかった。

女同士(女囚同士)のバトルシーンも凄いものがあったけれど、一匹狼ながらも仲間を助けるソリテアがたくましく見えた。

スポンサーサイト

2007.11.03 Sat ウォー・オブ・ザ・デッド

ウォー・オブ・ザ・デッド突然地中から現れ、人間を滅ぼしていったゾンビ達。世界はゾンビが支配する暗黒の時代へと突入していた。
彼らは独自の階級制度を持ち、捕まえた人間を捕虜として繁殖させ食料を確保し、その勢力は絶対的なものであった。生き残った人間たちは戦士として訓練し、ゾンビと戦いながら毎日を必死に生きていたが…



何だ?コレは?
なんだかゾンビの出てくるドラマを見ているような妙な感じ。
ホラーではないって(笑)
ゾンビが人間を捕虜っていうのが笑える。
見ていておかしいよ、コレ。

人間、負けるな!(笑)

で、一体何がしたいのか?

2007.11.03 Sat フランケン・ライジング

フランケン・ライジングビクター博士が行う細胞蘇生の研究材料にされたプライスは、その副作用により邪悪なモンスターへと変貌してしまう。
一方、博士はさらなる実験体を求めて殺人を繰り返していく…



(ー”ー;)うーん

普通って感じ。
ラストは大体予測できていたケド。

プライスは何故にあんな顔になってしまったのだろう?
変だよ~~(笑)

奇妙な行動をした後で
「元の体に戻せ」ってのも、自分勝手。
「もぅ無理だろうが!」って突っ込みたくなった(爆)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。