Sideway

Home > 2010年02月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.21 Sun ワイルド・スピード MAX

ワイルド・スピードMAX [DVD]トレーラー強奪犯として指名手配されている凄腕ドライバーのドミニクが、ある事件をきっかけに麻薬組織への復讐を誓う。
FBI捜査官のブライアンも麻薬組織を追い続けていた。組織に侵入し、ボスが仕切るストリートレースが開催されることを知ったブライアンは、レースに参加するが、そこには復讐に燃えるドミニクの姿もあった…



いや~。好きです~。
車には詳しくないけど、カーアクション大好きです!!
冒頭のいきなりのド派手なシーンにドキドキです。バレないか?見られないか?と思いつつハラハラ。
でもって、すっげ~かっこいい~ ロドリーゲス!!

ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカー。この2人が出てこそ「ワイルド・スピード」なのデス。楽しいデス。
男同士のクールな友情みたいな感じも好きです。

スポンサーサイト

2010.02.21 Sun 豚小屋

豚小屋アメリカで実際に起きた事件を元に映画化された衝撃のクライム・バイオレンス。
偏執的な夫の暴力から逃れ、アトランタにやって来たフェイス。
彼女は、そこで知り合ったローラという女の家族が営む農場に、身を隠すことにした。やがてフェイスは不審な事実に気づく。次々と謎の失踪を遂げるローラが農場に連れ込んだ男たち。ローラの正体は、幼い頃に父親の性的暴力を受け、精神を病んだ異常殺人鬼だった。秘密を知ったフェイスは、豚小屋に監禁されてしまう。そこはローラの家族が殺人を隠蔽するため、死体を処理している加工場だった…



なんでまた。
フェイスはローラを助けてしまったんだろうなぁ~( ̄▽ ̄;)
そればかりが頭に残って仕方ない。

夫から逃れるために逃げたのに、結局は罠にはまっていたとは知らず、ローラの住んでいる農場へ。フェイスとローラがのんびりとしている光景に私も行ってのんびりしてみたいなぁ~なんて思うけれど。
まさか豚小屋で!?一体何が!?ってな感じで。

きれいな自然の中でこんな事がって思うと、めげる。
そんなにまで怖いシーンは何もないのですが、縛られて動けなくて歯を…。細かくは言えませんが。舌を切ってしまうのかと思ってた私はドキドキしてました。

この作品。見ていて思ったのは
夫の暴力でも、ローラにでも結局どちらにせよ痛々しい思いをしてしまう本当に運の悪い女、フェイス。
でも、純粋なんだよね。きっとこの人(そう思いこむ私)

2010.02.21 Sun セントアンナの奇跡

セントアンナの奇跡 プレミアム・エディション [DVD]1983年のニューヨーク。
定年間近の真面目な郵便局員が突然、客としてやってきたある男を射殺した。
その郵便局員は、第二次大戦時、黒人部隊バッファロー・ソルジャーの一員としてイタリアの戦線に送り込まれていたが、そこで出会ったひとりの少年アンジェロとの交流が、全ての謎を解く鍵だった。その謎を解く鍵は、1944年のトスカーナにあった…


郵便局で働くヘクター。
お客の顔を見るなり冷静な態度で銃で射殺する。しかもその銃はドイツ製。何故??…そこから始まっていくのだけれど。

ヘクターとアンジェロ(ー”ー;)うーん
チョコレートの巨人とアンジェロだとわかるけれど、どうすればヘクターとアンジェロが繋がっているのだろう?と思ってて、誰が誰なのかを理解するのも最初は大変で、頭を悩ませながらも頑張って見ていくうちに最後にはこれがまた驚く事にピッタリ繋がった。

そしてラストの海辺のシーンで泣いてしまった。

アンジェロは本当に奇跡の子だったのです。
これは、見ないとわからないかも(^^;)

2010.02.21 Sun アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [DVD]パリの犯罪多発地域バンリュー13でパトカーが発砲される事件が発生。それはバンリュー13の解体をもくろむ秘密保安介入局長官ガスマンの仕組んだものだった。しかし、企みを暴ける映像データが3年前に捜査官のダミアンと共にパリを爆破の危機から救ったレイトの元に渡る。レイトとダミアンは、再びタッグを組んで巨悪に立ち向かう…

まず。
ダミアンのまさか?の女装囮捜査のシーンにビックリ。
色気ありすぎでしょ!!(笑)
しかも名画を守るためのアクションの派手な事!何で破けないんだ?と思いつつもさすがに楽しいアクションシーン。
でも、本当に強いなぁ~。ダミアン。

変なギャング達もたくさん出てきて、何だか楽しそうに思えた私。
ちょっと仲間に入りたい(笑)

でも、なんでダミアンをあんなにも簡単にレイトは助け出せたのだろうな?…まぁ、いいかそんな細かい事は。面白いから。

2010.02.09 Tue ホースメン

ホースメン [DVD]妻の死後、2人の息子と溝が深まるばかりの刑事エイダン・ブレスリンは、ある猟奇連続殺人事件を担当することになる。
遺体は様々な格好で吊るされて発見され、現場には「COME AND SEE = 来たれ」のメッセージが。そして衝撃的な告白をする被害者の娘クリスティンの口から放たれた事実とは…


聖書の黙示録の四騎士=ホースメン
馬男?かと思っていたので変だな…とは思いましたが。
やっぱりここにも出てきた。私には意味不明な難しい聖書。
ホラー好きの人には耐えられるシーンだし、まぁまぁかなぁ…と思う反面、どう言えばよいのかラストはとても悲しい気持ちになります。
死体が出てきても聖書を理解出来ないので(分からないので)すぐに入り込める訳もなく意味不明なのデス。

2010.02.09 Tue ゾーン・オブ・ザ・デッド

ゾーン・オブ・ザ・デッド [DVD]インターポールの捜査官レイエスは、引退前の最後の仕事として囚人を乗せた護送車の警護を請け負う。
その途中で、いきなり新型ウイルスに感染した無数のゾンビたちに襲われ…




私は普通に楽しめました。
ヤバイかなぁ?大丈夫かなぁ?「ハズレではありませんよ~に!」とドキドキしながら借りましたが…okです!!
ゾンビよく出来てましたし。
よくあるような中途半端なゾンビではなかったし。
気持ち悪さがありましたので(笑)

ただ。
1つだけ物足りなかったのは、レイエスがあまりにも強くなかった事ぐらいです。精神的にまいっている状態なので、仕方ない事だと思うようにしつつ「ちょっとノロいな~、早く進まないかな~」と。我慢して見てましたが…


2010.02.09 Tue アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ  コレクターズ・エディション [DVD]瀕死の状態で病院に運びこまれた殺し屋シェブ・チェリオス。
そこで心臓を奪われ、目が覚めると充電しないと死ぬ人工心臓を代わりに埋め込まれていた。チェリオスは自分の心臓を取り戻すために、町中で充電しながら駆け回る…



ジェイソン・ステイサムは好きなので、もちろん借りました。
これはアクションというより もうコメディーです。
でも、一応アクションにしておきますケド。

ほんとお馬鹿ですね~。
充電のシーン、首輪のシーン。
肌と肌の摩擦だからってあのおばあちゃんにスリスリしていた姿…爆笑しました!!

あれ?これは誰かに似ている…まさか…チェスター?
ぎゃ~!大好きなチェスターがこんなトコ出てる~!!
ちょっとお得な気分でした(v^-^v)

2010.02.09 Tue 実験室 KR-13

実験室KR-13 [DVD]ある心理実験に協力するために研究所にやって来た4人の男女。
ところが彼らは精神的に追い詰められ、殺されていく。
そして、この危険な心理実験の裏では長年隠され続けたCIAの巨大な陰謀が脈打っていた…



実際にあったMKウルトラ(マインドコントロール計画)という実験。
今もありそうな感じで…怖いというか恐ろしい。
実験に参加すれば、良い金額のバイト代が貰える。
これから何があるのかもわからず、簡単にサインする4人。
その直後にいきなり撃たれるケリー。
あ~びっくりした~!!と同時に…何?何なの?状態。
その後、クイズの書かれた紙。
クイズの正解から一番外れた者から1人、1人殺されるという。

2010.02.01 Mon ノウィング

ノウイング プレミアム・エディション [DVD] 50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生のケイレブ。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョンは、その数列を解析し激しく動揺する。その数列は、実際に起きた過去の惨事と、これから先の未来に起こる災難を予知するものだった。


他にも色々と見ていますが…
レビュするのが遅くておかしくなってしまいました。
まずはこちらの作品を先にします。

数字の羅列でこれから起こる惨事を知ることを解析したジョンも凄いけど、それを何かにとり憑かれたように必死に書いていたルシンダの姿が最初凄かった。
後々思えるのはルシンダは本当に辛かっただろうな。

映画の「2012」やマヤ文明などなど。考えさせられるものばかりだと思って見ました。
飛行機が墜落するシーンとか。目の前で!?
嘘だろぉ~ヾ(゚Д゚)ノ ってな感じの迫力がありました。

ファイナル・デスティネーションのように実際起こりうる事を予知してしまった人間が、もし止めてしまったりしたら…助かるけど結局は後々死ぬハメになる。
実際にこれから先決まっている惨事を止める事、変える事は出来ないものなんだなぁと。この作品見ててつくづく思った。規模が大きいのもあったりで、無理すぎる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。