Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 サスペンス > 実験室 KR-13

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.09 Tue 実験室 KR-13

実験室KR-13 [DVD]ある心理実験に協力するために研究所にやって来た4人の男女。
ところが彼らは精神的に追い詰められ、殺されていく。
そして、この危険な心理実験の裏では長年隠され続けたCIAの巨大な陰謀が脈打っていた…



実際にあったMKウルトラ(マインドコントロール計画)という実験。
今もありそうな感じで…怖いというか恐ろしい。
実験に参加すれば、良い金額のバイト代が貰える。
これから何があるのかもわからず、簡単にサインする4人。
その直後にいきなり撃たれるケリー。
あ~びっくりした~!!と同時に…何?何なの?状態。
その後、クイズの書かれた紙。
クイズの正解から一番外れた者から1人、1人殺されるという。
被験者側と実験側の様子を更にこちらから見ている状況というワケですが。
どうやっても被験者側の気持ちになってしまう私。
ライリーの心の変化のようなものも読み取れたらいいのですが、途中でやめますって言うのかと思えば続行するし。私自身には分からなかったです。

人間の心の中にいる悪というか何というか、誰が自分だけ生き残ろうとしているのか?を全くタイプの違う被験者の3人で見せられているような。
クイズ出されて、外れたものから殺されるなんて、誰だって死にたくないのだから考えるわけで…しかも時間も気にして焦りながら周りの者の空気も読みながら…重苦しい閉塞感のある実験室の中で。
自分は死にたくない!生きたい!って思うのは当たり前だよね。


なんだか嫌になってきました。
CIAの巨大な陰謀…
何がマインドコントロールだ!人間兵器を作ってどうする!
見た後も重い気持ちになります。
その後も続くのかと思うと、残った人が可哀想に見えた。
あまり深く考えたくない作品です。


他の作品見よっ。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。