Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 その他 > 狼の死刑宣告

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.21 Fri 狼の死刑宣告

狼の死刑宣告 [DVD]妻子と幸せに生きてきたニックは、ふと立ち寄ったガソリンスタンドでギャングに襲われ、目の前で息子を殺されてしまう。
心に傷を負ったまま裁判を迎えるニックだが、犯人が納得の行く刑に処されないことを知り、怒りと悔しさから犯人を尾行し自らの手で復讐し殺害してしまう。その彼はギャングのボスのたった1人の弟だった。
こうして、果てのない暴力の連鎖に陥ってしまったニックは…



これ、前から気になっていたんです。
…で、借りちゃいました。

ケビン・ベーコンの演技って結構好きです。
息子を目の前で殺されてしまったら、普通の親は気が狂います。その感情をいかに抑えられるかどうかという問題なのですが、父親であるニックは我慢ならずに息子を殺した犯人を自分の手で殺してしまいます。

納得のいく刑ではなかったという事が引き金になってしまったとも思うのですが…。
難しいですね。
それが引き金となってしまい、どんどんと悪い方向へいってしまいます。
愛する妻や次男までをも巻き込んでしまう。
手をつけてしまったからには後にはひけないという感じが見ていてハラハラドキドキです。真面目な父親役を演じているケビン・ベーコンが徐々に変わっていく姿を見られるのも何ともいえないです。

でも、よく考えてみると。
長男と次男が比較されているような感じの雰囲気が何だか嫌だった。次男が可哀相に感じたのは私だけだろうか?

この間見た「96時間」とはまた違った感じの父親です。
自分の息子を目の前で殺されたという気持ちを考えると、この作品のほうが父親の意志を強く感じますが。
でも。
どちらかというと私は96時間が好みかな?

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。