Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 アクション > ファイナルカット

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.02 Sun ファイナルカット

かつては爆弾処理班で活躍していたジョンが、頻発する爆弾事件の対策のため処理班に加わった。
しかし彼は、あまりの知識の豊富さで周囲から容疑者として疑われ始める…


え~と…これはアクション?サスペンス?よくわかんないのでアクションにでもしときます(笑)

序盤からね、心臓バクバク(笑)
爆発物の処理のシーンから始まるんだけど、怖いの何のって。見ていて失敗しないか?と心臓が痛くなる…でも、こういう映画ってスリルがあって好きなんだけどもね(笑)
爆発の処理に成功してと思いきや、いきなりカウントリセットされヤバイ状態に…線を切って成功したか?と思いきや爆発。うきゃ~!こういうのってホントに怖い~。処理する人はもの凄い勇気だよ、コレ。
爆発でホテル全壊。…す、すご。
今度はショッピングセンターに爆発を仕掛けたと言う犯人。ここからの処理は引退していたジョンの出番…って、え?見るだけで終り?処理はしないわけ?(汗)
そして、結局爆発。
他の処理班は処理中に2人共死亡。ジョンは?と言えば…何もないかのような顔で近くのバーでビール飲んでる(ォイ)
ジョンは犯人の罠にうまい具合に引っかかって、周りから犯人だと思われ警察に追われる事に…
お次は病院に爆発物。ほんとに最低な犯人だ!こうなると犯人が誰なのか?知りたくもなるけれど「もしやこいつか?」と思うようなのが2人だけいるけどもよくわかんない(謎)
病院内から避難する患者や病院内の分娩室での帝王切開中の妊婦のシーン、その病院に仕掛けられた爆発物の処理のシーン。万が一爆破したら恐ろしいんですけど…でも無事成功。
でも、絶対コレはジョンを犯人にするための罠としか思えない。爆破しなかったのはこいつが真犯人ちゃう?(笑)
ラストはまさかの爆発物。…というか、人間爆弾。生きたままの女性が爆破物に繋げられ大の字状態で"うきゃ~!"って感じ。なんて事をするんだこの犯人わ!!
しかも残り時間は5分。
こういう焦った状況の中で神経を集中して作業しないといけないのってほんと心臓バクバク。どちらの線を切るか?という選択の瞬間が怖い。
こんな仕事も死と隣り合わせで本当に危険で凄いなぁって。

犯人があっけなく死んだのは「え?」って思ったけれど。あまり面白くないかも…と思った割にはまぁまぁ楽しめたかな。


ビデオ鑑賞

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。