Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 サスペンス > エンジェル・オブ・デス

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.10 Sat エンジェル・オブ・デス

病院で起きた猟奇殺人事件の捜査を進めていく心理捜査官トニーとキャロル。しかし、病院の院長あてに送られてきた狂信者からの脅迫テープをきっかけにテロ専門捜査機関MI5に捜査権を奪われてしまう。

ロブソン・グリーン…ではなくて、トニー。
またまたお久しぶり^^

今回のパッケージもまた気になってしまいまして、借りちゃいました(笑)
妙な病院。しかも「謎」
気になって仕方ないですよ、コレ。手術に成功したかと思えば死亡。一体何があったのだろう?トニーはキャロルと共に考える。というか、ほとんどトニーが考えてるけど(笑)
死亡率が6週間で3倍。異常でしょ、どう考えたって。この病院疑われるの当たり前(笑)
犯人だと思っていた奴が犯人ではない。じゃ、誰??
(*-゛-) う゛~ん分かんない。
トニーも大変な立場だ。大学の講師もあるのに警察のお手伝い。キャロルに助けて欲しいと言われるけれど、体が2つあるわけでもないし(笑)
"サイン"をした犯人が誰なのかがホント気になる。
タイトルが「死の天使」なるほど、そういう事か~(タイトルまでは全く意識していない私・笑)
でも、何故殺さなければならない?何か意味があっての事だよね?そのへんが気になる。ハッサンが捕まって、終わりか~と思ったら、え?まだ犯人が?
なんじゃ~??

今回は練りに練っているような感じが(笑)
ドキドキの解決といつものように静かな感じの終り方。

今回はまぁまぁかな^^
まさかの犯人だったけれどもね(笑)


DVD鑑賞

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。