Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 サスペンス > スケルトン・キー

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.25 Sun スケルトン・キー

スケルトン・キーキャロラインは、ルイジアナの片隅にある広大な屋敷で住み込みの看護婦として働くことになった。
その屋敷には鏡がひとつもなく、至るところに魔除けのレンガ屑が撒いてあった。その上、屋根裏部屋の奥にある小部屋は、マスターキーを使っても開けることができない。
屋敷と変わり者の老夫婦主人を不審に思うキャロラインは、好奇心も手伝って小部屋の鍵をこじ開けてしまう。だがそこは、背筋も凍りつくような恐るべき"呪いの部屋"で…


ケイト・ハドソン主演。前々から何故か気になっていた作品…ってコトで。

看護士募集の広告を見て面接に行ったキャロライン。その屋敷は、すごい屋敷というよりも…何というか、見るからに不気味(笑)
鏡のない家。一体どういう秘密があるのか?ってそれが謎。屋根裏部屋の空かない部屋。そしてそこから聞こえる物音。…で、鏡。何かがあるのは確か。
その屋敷には老夫婦が住んでいて、妙な弁護士も1人。
旦那様であるベンがそこで倒れて、脳卒中になったというのにもその場所に訳があるってこと?
キャロラインがその部屋に入ってしまう…何だか知らないけどすごいドキドキ。魔術?何だかわからないけれどそんな感じのものがいろいろある部屋。
って、ブードゥーか(笑)
でも何のために?それとベンに何の関係が?ってのがまだ分らないから余計に気になる。
キャロラインはベンのために動く。普通ならそういうのって怖いし「自分とは関係ないや」って逃げ出すけれど、そこがまた違う(笑)
呪術なんてのは普通聞くだけでも怖くて触りたくもないけどね。

でも、これさぁ~
「お前らだったのか!!」って思ってびっくりもするけど(というか何となく妙に匂わせるシーンはあったけど)
凄いのは…キャロラインがベンを家から連れ出す辺りからが心臓がバクバク。
さらに驚いたのはまさかのラスト!!

こんなのってアリ?; ̄ロ ̄)!!

でも、奇妙なラストってのも またこれからを考えるには面白いかも。
キャロラインの友人がどうにかしてくれないだろうか?気づいてくれないだろうか?なんて。
ちょっと納得いかないラストだけれど。救急車の中で見つめ合う2人を見て悲しくなる( ̄▽ ̄;)
好奇心が災いしちゃったって感じだな、コレ。

でも、この作品私は意外に楽しめた(笑)


DVD鑑賞

Comments

name
comment
だにい : URL たのしめたよね

#sfQLks0g Edit  2005.12.30 Fri 20:04

こんばんは。
こういうラストって大好きです
やっぱり色々と考えられるし、
何よりリアルに怖い感じがします。
地味な作品ですけど私も楽しめました

かりん : URL (゚-゚*)(。。*)ウンウン

#xsSv9W6w Edit  2005.12.31 Sat 01:28

だにいさん こんばんわ☆

だにいさんも楽しめたですかっ♪
「リアルに怖い気がした」って、分かる分かる~。ほんと、毛が立つ怖さだった。
どうしようもないのかな?どうにかできないものかな?と見終わった後も主人公になった気持ちで考えてしまった(笑)
暗い作品の割には面白かったですよね^^

viva : URL 面白かった

#3ZgjOOBQ Edit  2006.01.06 Fri 14:36

かりんさんこんにちは
今年もよろしくお願いします♪♪

この映画けっこう面白かったですよね~
あの南部のジメジメした感じと、呪いや過去を持つ屋敷、面白そうなキーワードてんこもり(笑)
ラストのケイトハドソンが思いっきり南部訛りになるとか、話し方を変えて欲しかった気もしますが、でも楽しめる映画でした♪

せつら : URL ブドゥー教

#VFvknLFA Edit  2006.01.10 Tue 19:22

今晩は!

ケイト・ハドソン初ホラーということで楽しみに見ました
あれ?ケイトちょっとぽっちゃりしてない?
とびっくりしましたが、ストーリーもとても面白かったです
ブードゥー教をベースにしてるところが面白いよね
ブードゥーはゾンビだけじゃない!ということを
見れたんじゃないかな、ラストの落ちも良かったです。

かりん : URL こん^^

#xsSv9W6w Edit  2006.01.13 Fri 01:06

>vivaさん

明けましておめでとぅ&今年もよろしくです。
考えてみたら謎というかキーワードてんこ盛りだったね(笑)
おじいさんを助けるために、ブードゥーを信じてやってしまうのはまずかったけど、でもそういう方向になるように仕組んだアノおばあちゃんと弁護士のほうが怖い(笑)
まぁ、後を引くような感じの作品で楽しめたから見る人にはいいけど(爆)
面白かったね^^

>せつらさん こん^^

ケイト・ハドソンちょっとぽっちゃりしてたっけ?全く気にしてなかった(笑)
まさかの私の期待を外した(裏切られた)ラストだというのに驚き&後を引く面白さでした。
ハッピーエンドではないのが、いい味出しているのかもだよね。
目立たない作品だった割には面白かった。ラストが何とも言えませんよね(笑)

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 『スケルトン・キー』 主演:ケイト・ハドソン

    邪術による人間入れ替わりを描いたゴシックホラーです米国南部をイギリス人監督イアン・ソフトリーが描いていますが良く書けてるのではないかな、私自身南部の土地柄というのは映画作品からの知識しかないけどねこの作品はハリウッド特有の絶叫ホラー系ではなくどちらかとい La.La.La - 2006.01.10 19:19

  3. DVD「スケルトン・キー」

    最後まで展開がわからずに観ることができました。でも、誰が敵で誰が見方かは始まってすぐに分かっちゃう。。。「悪魔の住む家」「ロスト・ソウルズ」「アザーズ」「ミザリー」をMIXしたような感じを受けました。呪いとか、呪文とか、海外のものにはチョットな... ☆ 163の映画の感想 ☆ - 2006.01.12 21:36

  4. スケルトン・キー

    DVDで、出演:ケイト・ハドソン/ジーナ・ローランズ/ジョン・ハート/ピーター・サースガード/ジョイ・ブライアント/脚本:アーレン・クルーガー/監督:イアン・ソフトリー/作品『スケルトン・キー』を観ました。●ストーリー看護士のキャロライン(ケイト・ハドソン)は Rohi-ta_site.com - 2006.01.30 02:54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。