Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 アクション > セブンソード

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.05 Sun セブンソード

セブンソード1600年代。
満州民族は中国に侵攻し明王朝を滅亡。清王朝となった王は「禁武令」を発布し、反乱を防いだ。
明王朝の軍人であった風火連城は、私腹を肥やすため明王朝の残党を次々と抹殺、反清王朝の強硬派が住む武荘を葬ろうとしていた。
武荘を風火連城から守るため、傅青主は武元英と韓志邦を連れ、武術の名門として名高い天山派に出向き強力を仰ぐと、大師は力ある4人の弟子を武荘へ送った。7人となった剣士「セブンソード」は清軍へと戦いを挑んでいく…


うわ~。
アクション大好きなので待っていた作品ですけど^^

…でも、正直。
名前とか難しくて覚えられなくて、ただひたすら見てました(笑)
7人の剣士が簡単に山を下るのは「え?こんな簡単に?」って感じですぐではあったけれど…
いつの時代も悪い奴ってほんと見ていて苛立つ。
由龍剣(ゆうりゅうけん)というものが凄かった。あの鈴の音?みたいなのが鳴るやつ。重そうだけど…あれ、かっこいいな(笑)
7人それぞれがいろんな個性があって、友情あり、愛もあり。
アクションも見ていて楽しい。
ちょっと酷いシーンもあるけど、それはホラー慣れしてるから平気(笑)

ラストで「え~?こんな壁の間で~?」と思いながら「いけいけ~」って感じで応援(笑)

細かな意味は分からなくても
アクションとして見る分には楽しめたし面白かった^^


DVD鑑賞

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。