Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 サスペンス > ソウ2

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.21 Tue ソウ2

ソウ2 DTSエディション8人の男女が目覚めたら、出口の無い館に閉じ込められていた。ジグソウの囚人たちが新しいゲームに臨むなか、館内には遅効性の毒ガスが充満していく。8人は2時間以内にゲームに勝ち抜き、解毒剤入りの注射器を手に入れなければ命を奪われてしまう。
一方、刑事のエリックはジグソウを逮捕。だがジグソウは動揺することなく、エリックと2人で話をすることを要求。エリックの息子は、ジグソウに監禁されていたのだった…



今回はDVDを購入して鑑賞。
全作に引き続き、今回は痛い!!しかも痛さが増してる!!(笑)
「デス・マスク」「注射器の山」「ハンド・トラップ」「火炉」などなど。何が痛かったか?と言えば私は注射器かな(笑)
まさかアノ中に首謀者がいたなんて思いもしなかったって感じで。ジグソウのやってる事は考えられない怖さだけれど、ある意味納得できる部分もあったり。
これがまた続編があるのだと思うと、このエリックが3作目ではどうなってるのか?気になるトコロ。
後半の所でザビエルは錯乱状態になってあんな妙な行動をしてしまうし。
それにしても今回も結構ラストで楽しめたって感じです。ホント、続きが見たくなるような終り方だし。気になるし。
ジグソウの罠も凄いもんだ。「近くで見ろ」だよほんと(笑)
我慢の出来なかったエリックは自業自得。ていうか、よ~く考えてみたら悪いのはエリックだしな(笑)

ジグソウの「生」に対しての思いというのが凄い。
生きるという事、命の尊さを考える。
ジグソウが「水」をお願いしたシーンの表情とかあまり気にならない細かな所にまで後になって考えてしまったり。
全部見たものの…まだ見落としている部分があるような妙な違和感が続いている私(笑)
これは前作・今作と続けて見ると分りやすくて、もっと楽しめるかもしれないなぁ。

それにしても。
デス・マスクの目の中というアイデアにはまいった。自分だったら絶対無理。勇気がなくて取れないな(笑)


DVD鑑賞

Comments

name
comment
toto : URL

#- 2006.03.21 Tue 22:45

ソウって3もやるらしいっす

ヒロ之 : URL

#- 2006.03.22 Wed 02:11

かりりんオゲンコ?
日記読んでたら残業とかでお仕事かなり大変そうだねぇ。仕事も大切だけれど体の管理もきちんとしてね。おいたんもようやくソウ2観たよ。う~ん、やっぱり1作目のオチを超える事は出来なかったねぇ。でも今回のどんでん返しも予想出来なかったから、まぁアイデアとしては凄く良い方じゃないかなぁ。3にも期待だね。今レンタルしてダビッた映画が沢山溜まっているだ~よ。「ブラザーグリム」とか「サランドラ」とか「銀河ヒッチハイク」とか、もうた~くさん。でも今ちょっとPS2で新作のゲムやっているだよね。「ファイナルファンタジー12」。映画観る暇無いだよ~。

かりん : URL そぅですね。

#xsSv9W6w Edit  2006.03.25 Sat 20:10

ソウ3もあるんですよね^^
今度こそ劇場で観たいなぁ~なんて思ってます。

かりん : URL 大丈夫?

#xsSv9W6w Edit  2006.03.25 Sat 20:16

ひ~たん こん^^
あのね。それはそうとひ~たんの日記読んだらさ、私のほうが心配になっちゃったよ。あれはちょっとキツイよな~。ってか、怖いよ金額が(汗)
私のほうは相変わらず残業手当もつかないのに7時~8時まで仕事してたり…かなり無理してるトコもあるなぁ。体の管理かぁ~。うん、頑張るよ。ひ~たんも体壊さないようにお仕事探し頑張ってね。映画鑑賞は無理のないようにね(笑)
ソウ2は前作が良かったよね、確かに。
今回のもラストは確かに「へっ?」て思ったけれども。レンタルでダビったのってまだまだ増え続けてんの?(爆)
サランドラっちゅ~のが気になるな…わたしゃ(笑)
ゲムもやってんだから無理しないでよね??

toto : URL

#- 2006.04.18 Tue 16:46

サランドラは2もあるよ

かりん : URL ゚(∀)゚ エッ?

#xsSv9W6w Edit  2006.04.25 Tue 16:34

サランドラって何?B級?と思っている私に
サランドラ2もあるとは; ̄ロ ̄)!!

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。