Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【保管庫】あ行 > アウト・オブ・タイム

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.09.21 Tue アウト・オブ・タイム

アウト・オブ・タイムボスニア紛争終結後。特殊部隊の一員として極秘任務に当たっていたディーンは、戦友の衝撃的な死によってPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされるようになっていた。
戦友の妹エイミーは、そんなディーンを支えようとするもののディーンはとある人物に間違われ、潜在能力をすべて覚醒させる恐ろしい薬物を投与されてしまう。薬物の副作用により、さらに苛酷な運命に見舞われたディーンは…



「ブレイド3」を観たので、また違うウェズリー・スナイプスを見るとは(笑)
とんでもない事にディーンは違う人物と間違われてレストランで妙な薬物を打たれるんだけれど、どうにか逃走。でも結局捕まってしまうんだけれども…。
ウェズリーが闘うのとか見てると何だか楽しくてワクワクしてくる。間違われたその人物が本当は誰なんだろう?ってのが気になってくる…。
中盤で誰なのか分かったけれど(笑)
打たれると暗示にかけられ、8時間で神経不全に陥って死亡するというこの恐ろしい薬物。解毒剤があるからいいものの、こんなもの間違えられて打たれたりしちゃ~たまったもんぢゃない!!1人でふらふらになりながらも闘うディーン。
幻覚を見ながらの状況の中で意味不明状態で大変なのに、解毒剤を取り戻すために間違えられているままのディーンを利用させて欲しいとFBIに頼まれる。

それにしてもサリバンって何ちゅ~ヤツo(`ω´*)o!!
ま、そういうのがあるから映画は面白いんだけれど(笑)
ドキドキするシーンあったり、ラストは銃撃戦ありでなかなか楽しめた。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。