Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【保管庫】あ行 > アイ,ロボット

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.09.21 Tue アイ,ロボット

アイ,ロボット2035年のシカゴ。既にロボットは人間の日常生活に欠かせない存在となっており、人間とロボットの共存は「人間に危害を加えてはならない」などの3原則によって守られていた。
そんなある日、ロボット工学の権威であるラニング博士が謎の死を遂げる。その死にロボットの関与を疑ったスプーナー刑事は、ロボット心理学者カルヴィン博士の協力のもと、博士の死の謎を究明していく。



すっごくドキドキしたし、楽しめました。
でも…途中。
ロボットは味方なのか敵なのかがわからなくなってしまった(汗)
新型よりも旧型がいいや…私は(笑)
サニーはいいロボットだと思うけれど、最初なんて「怖いロボット?」って思ってたからホラー見るより怖くてドキドキもんでした。
それにしても1つ疑問。助けられなかった女の子のネックレスをどうしてスプーナーが持ってんの?刑事だし、沈んでしまった後に遺体から形見としてスプーナーが勝手に取って身につけていたってことかな?(謎)
ロボット嫌いなのはいいけど、左手は…だし?
疑問とかはいろいろあったけれど、アクションのシーンにはドキドキして楽しめた。ロボットの反乱。あのビルを登っていくシーンとか見ていて怖かった。まさか首謀者が彼女だったなんて。考えてもいなかったです。サニーがスプーナーにウィンクするシーンは笑えたしホッとした。
操られていただけなので、ロボットたちが悪いわけではないけども。何も考えずにただ楽しむにはほんと良かった。
面白かったです♪

そうそう…サニーの身長って180cmってのが怖い~。

私が見上げるほどの高さだぁ(笑)

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。