Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【保管庫】か行 > ケリー・ザ・ギャング

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.12.17 Fri ケリー・ザ・ギャング

ケリー・ザ・ギャング【story】
19世紀オーストラリア。
かつてここはイギリスの流刑地としての役割を負わされ、多くの犯罪者が送り込まれてきた。ネッドの父も犯罪者としてアイルランドから送られてきた移民の一人。犯罪者の息子として不当な差別と偏見に苦しむネッドは、貧しいながらも真っ当に生きようとしていた。
しかし16歳の時、無実の罪で投獄された彼は、出所すると弟ダン、2人の親友とともに“ケリー・ギャング”を名乗り銀行強盗を繰り返す。やがて彼らの行動は、イギリス支配に苦しめられていた民衆の心を掴んでいく…



あのオーランド・ブルームが出ているとゆうことで、見てみました。
しかも髭面であります。
主役はネッド演じるヒース・レジャーなんですけどね(笑)

アクションではないのですが、銃撃戦ありです。
感想は上手く言い伝えることができないのですが…。
警官による差別とゆうかイジメというか、見ていて腹立たしくなりました。
弱いものいじめをする悪徳警官に苛立ちながらも、見続けていましたか…最後は虚しい気分になっちゃいました。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。