Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【保管庫】さ行 > シーズ・ソー・ラブリー

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.12.21 Tue シーズ・ソー・ラブリー

シーズ・ソー・ラブリー【story】
無軌道だが、激しくお互いを愛し合うエディとモーリーン。
ある日エディの留守中、モーリーンは隣人に暴行されてしまう。怒りに我を忘れたエディは、銃を片手に街中で暴れ廻り施設に収容される。それから、10年後。モーリーンは優しく家庭的な夫ジョーイと3人の娘たちと新しい家庭を築いていた。
しかし、入院から3ケ月しか経っていないと思い込んでいるエディが退院して2人の前に現れ、永遠に変わらぬ愛を訴える。裕福で優しい愛と、ヒリヒリするような純愛。果たしてモーリーンの運命と愛は…


この作品はショーン・ペンとショーン・ペン現夫人であるロビン・ライト・ペンが共演している作品。ず~っと前に見たはずなんだけれども、またまた思い出せずで借りちゃいますた(笑)
ショーン・ペンの演技を久しぶりに見たいなぁ~なんて思って…ネ。
まず、ショーン・ペンなんだけれども…会話とか聞いてても頭がおかしい人なのか?って感じで話してることがワケわかんないの(笑)
ショーン・ペン演じるエディは、精神的な病気ではないかと思うんだけれども心はとてもまっすぐで純粋なんだよね。
10年たったあとのショーン・ペンの姿はすごく変わっていてビックリでした。
ショーン・ペンが美容室に行き髪がブロンドになった時は妙な感じで笑えた。でも、やっぱりショーン・ペン。
演技は上手いです。目だけで演技ができているのがすごい。
意味が分からないのはモーリーンかも。

10年後に普通に幸せに暮らしている旦那さんであるジョン・トラボルタの事も、別れたショーン・ペンの事も2人とも好きだというモーリーン。

全くモーリーンの考えはわけがわかんな~い(笑)

でも、違うタイプの2人の男がいれば、気が揺らぐのもわかりはするけどもね。
難しい作品だぞ…こりゃ( ̄▽ ̄;)
トラボルタはいい人なんだけどもなぁ~。そりゃキレル気持ちも分かるわな(なんて。個人的な好みも入ってたりしてな・笑)
だけどね。
ショー・ペンもいいんだよね~。本当の自分の子である女の子と喋るとこなんてかわいい感じでサ。

結局モーリーンが選んだのは…でした(謎)

あんな顔でニカッと笑われたらそりゃ~もぉ~ってな感じですよ。

ショーン・ペン&ロビン・ライト・ペン…お似合いですよ。
でも、子供のいる人にとっては納得できないような…

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。