Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【保管庫】た行 > ドッグヴィル

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.02.23 Mon ドッグヴィル

ドッグヴィル スタンダード・エディション『ダンサー・イン・ザ・ダーク』のラース・フォン・トリアー監督が放つ、2003年カンヌ映画祭を震撼させた衝撃作。
ハリウッドで指折りの演技派大女優ニコール・キッドマンが、彼女の紛するひとりの女性・グレースを通して人間の本質を暴いて行く。ロッキー山脈近くの寒村・ドッグヴィル。青年トムはギャングに追われる美しい女グレースを助け、村で匿うことを提案した。 2週間以内に23人の村人全員から気に入られる条件を呑み、グレースは無償で肉体労働に従事する。だが、いつしか奴隷のように扱われ…。


舞台のような?妙な感じの作品。
こういうのあまり見たことないから変な感覚でした。

それにしても。凄い長い時間なんだね。この作品って。次はどのような感じになるの?って先が知りたくなる気持ちは強かったです。
それにしても。可哀想なニコール。みんなにどんどん虐げられちゃって。あんなこと。こんなこと。耐えられないです(涙)
犬のように首に鎖をつながれているのなんて見た時にゃ~!ここに住む住人達。何を考えているのか?大丈夫なのか?って感じ。怒りがぐつぐつ煮えたぎってきました。
たぶん。ギャングの娘なんだろうな?っては薄々気づいてはいましたが。
おかしいです。こんな村。消え去って当然だよって思った。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。