Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【保管庫】た行 > テッセラクト

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.02.23 Mon テッセラクト

テッセラクトイギリス人の運び屋、疲れ果てたマフィアのボス、瀕死の女殺し屋、心の傷を抱える女性心理学者。
お互いの存在すら知らない男と女の運命の糸が、朽ち果てたホテルで複雑に絡み合い、激しくも哀しい衝撃のクライマックスに向けて暴走を始める…
さまざまな人々がドラッグを巡って絡み合うサスペンス。


展開図(テッセラクト)
何だかメメントみたいな感じ?

内容が逆に戻ったり、いろいろなキャラクターの存在が話が進むごとに意味が分かってくる?っていった感じで。
頻繁に映し出される部屋の壁にかけてある時計の時間が…気になる。何だかウィットという少年を中心にして見ているから分かり易いような(笑)
この心理学者が「夢」についていろいろと子供から聞き出すんだけれど、なんで夢について聞くのか、夢の色について聞くのかが「謎」なんだけど。
ストーリーが進んでいるようで戻っているので最初はどれがどうなってるのか?意味がわかりにくいんだけれど、このホテルに何かがあるのか?っていうのが気になってくる。

映像がとても好きな感じ。
ストーリーもだけれど、見ていて引き込まれてしまう。

バラバラだったストーリーが"ドラッグ"によって巻き込まれながらも何故か繋がってくるのが面白い。

ラストがもの凄く衝撃的; ̄ロ ̄)!!

心が痛くなって嫌な感じ。
でも、先が読めないだけに面白かった。この作品^^

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。