Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 【保管庫】ら行 > 理由

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.04.19 Tue 理由

理由


ずーっと前に1度見ているけれども、ハッキリ内容が思い出せずで。
旧作ということで、思いきって借りてみた!!

この作品、サスペンスです。
主人公のボビーは黒人なんだけれども、少女を誘拐しレイプして殺人されるという事件の犯人として捕まえられちゃうのだけれど。
最初は警官であるタニー(ローレンス・フィッシュバーン)らが怪しいなぁ~。
ボビーにこんなひどいことをして!とイライラするんですよ。

もぅ、マジで!!
それで登場するのが法学部教授であるアームストロングこと私の大好きなショーン・コネリー(笑)

このアームストロングが死刑囚であるボビーの無罪をはらすために動き回っていくんだけれども。ここでまたまたタニーを怪しく見せている(笑)
といいつつ。私もタニーが怪しいとしか思えなかったのだ。
マトリックスにも出ているモーフィアスことローレンス・フィッシュバーンの謎な演技が光ります(笑)

そしてもぅ1人の死刑囚(連続殺人鬼)であるエド・ハリスの演技も異様(爆)
はぁ~。何だ。こんなもんなので終わりか…と、思いきや!!続きがあるんでござりやすよ。この映画(汗)

私はそこからが楽しくなってきた(笑)

まぁ、普通なサスペンスといえばそこまでだけれども。
フィッシュバーンの演技と、ボビーを無罪にしてしまい焦ってしまっているショーン・コネリーのありゃりゃな演技が見れただけでも良しというコトで。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。