Sideway

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 〔映画〕 アクション > ブレイキング・コップス

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.14 Sat ブレイキング・コップス

ブレイキング・コップスカナダのオンタリオ州とケベック州の州境で他殺死体が発見される。
両方の州警察による合同捜査が開始され、オンタリオ州トロント市警察のマルタン・ワード刑事とケベック州モントリオール市警察のデヴィット・ブシャール刑事がチームを組む事に。だが、英語を話す生真面目なマルタンと、フランス語を話す破天荒なデヴィッドは、事あるごとに対立する。やがて、死体の数が3体目となったとき、事件の重要な手がかりが浮かび上がってきた。いずれの遺体にも、犯人によってアイスホッケーに関わるタトゥーが彫られていた…



これは期待していなかった割に意外に面白かった!!
特にバーでの喧嘩のシーンなんて…笑えた。フランス語、英語…とそんなことで意地になっている2人がおかしかった。

序盤で仮面を被った犯人の顔が気になって仕方ない。いきなりそこから始まって、タトゥーのシーン。何のためにタトゥー?とも思えるんだけれど、それが後々手がかリってコトで。
デヴィットとマルタンの2人は性格が合わないながらも2人で一緒に犯人探し。それぞれの家族の関係とやらもある意味面白いんだけれど…ただマルタンの妹とデヴィットの行動だけは私は??だったけれどもね(笑)

ラストの娘を助け出すシーンとかは気分がスカッ!とした。
それにしても最初の死体のシーン。はしごを使ったつもりが死体が真っ二つ!になったのにはアクションだと思って見ていた私は意外にホラー?なんて思ってドキドキしたなぁ~。

内容は置いといて、これは2人の行動や会話を見ているだけで楽しめるので、ちょっとお勧め^^


DVD鑑賞

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。